源有頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源有頼
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 多田四郎
氏族 摂津源氏多田源氏
父母 父:行延、養父:源明国
兄弟 有頼、盛隆
養兄弟:行国経光
頼氏、慈賢

源 有頼(みなもと の ありより)は、平安時代後期の武士摂津源氏の流れを汲む僧行延の子。源明国の養子。

略歴[編集]

源実国の孫にあたるが、三井寺の僧であった父・行延は実国の弟・頼綱(多田頼綱)の養子となっており、有頼は弟・盛隆と共に頼綱の長子・明国(多田明国)の養子となった。官位などは伝わらず詳しい事跡も不明であるが、その別名から多田荘に拠っていたものと考えられる。一子・慈賢は源頼政(もしくは源頼兼)の養子となり、のちに天台座主となった。

系譜[編集]

参考文献[編集]