源氏山住右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
源氏山住右エ門 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 源氏山 住右エ門
出身 陸奥国
身長 188cm
体重 146kg
成績
現在の番付 引退
最高位 大関
データ
引退 宝暦11年(1761年)
引退後 京都相撲頭取
備考
2017年8月6日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

源氏山住右エ門(げんじやま すみえもん、生没年不詳)は、陸奥国(現:青森県)出身の元大相撲力士。最高位は大関。

経歴[編集]

弘前の出身。元文の頃(1730年代後半)、江戸に出て力士となる。寛保3年(1743年)に京都の興行で大関に立つと、以降10年近くに渡り全盛期を築き、三都の相撲でそれぞれ大関を務めた。長崎においても大関を張ったという。一時仙台藩の抱えとなるが、解かれたのちは京都に居を構える。宝暦11年(1761年)限りで引退し、京都相撲の頭取となった[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 酒井, pp. 89,103,106.

参考文献[編集]

  • 酒井忠正 『日本相撲史 上巻』 ベースボール・マガジン社、1956年6月1日