源清平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源清平
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶元年(877年
死没 天慶8年正月13日945年2月27日
官位 正四位下参議
主君 醍醐天皇朱雀天皇
氏族 光孝源氏
父母 父:是忠親王
兄弟 式順王、式瞻王、興我王、源和、忠望王、今扶王、英我王、源清平源正明源宗于、姣子女王
不詳
師保、是輔、共貞、相規
テンプレートを表示

源 清平(みなもと の きよひら)は、平安時代前期から中期にかけての公卿式部卿是忠親王の次男。

経歴[編集]

醍醐朝延喜2年(902年文章生となる。延喜3年(903年)二世王の蔭位により従四位下に直叙され、翌延喜4年(904年弾正大弼に任ず。

延喜10年(910年山城守に任ぜられると、延喜11年(911年大和守、延喜16年(916年三河権守、延喜17年(917年河内守に叙任されるなど、醍醐朝中期は専ら地方官を歴任し、この間の延喜16年(916年)従四位上に叙せられている。

延喜23年(923年)に兵部大輔次いで左京大夫と京官に復帰する。延長5年(927年近江権守と醍醐朝末から再び地方官に転じ、承平2年(932年)には大和守に再任されている。承平4年(934年正四位下。承平7年(937年勘解由長官天慶2年(939年右大弁と朱雀朝中期は京官を務め、天慶4年(941年)には参議となり65歳にして公卿に列すが、同時に大宰大弐を兼ね大宰府に赴任した。

天慶8年(945年)正月13日に任地で卒去享年69。最終官位は参議正四位下行大宰大弐

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

  • 父:是忠親王
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:源師保
    • 男子:源是輔
    • 男子:源共貞
    • 男子:源相規

脚注[編集]

  1. ^ 貞信公記延長5年正月12日条

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年