源清蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源清蔭
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶8年(884年)
死没 天暦4年7月3日(950年8月18日
官位 正三位大納言
主君 醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 陽成源氏
父母 父:陽成天皇、母:紀氏
兄弟 清蔭元良親王、元長親王、元利親王、長子内親王、儼子内親王、元平親王、清鑒、清遠
韶子内親王
兼房、忘江、兼材、兼基
テンプレートを表示

源 清蔭(みなもと の きよかげ、元慶8年(884年) - 天暦4年7月3日950年8月18日))は、平安時代前期から中期にかけての公卿歌人陽成天皇の第一皇子[1]官位正三位大納言

経歴[編集]

延喜3年(903年従四位上に直叙され、翌延喜4年(904年侍従に任ぜられる。延喜7年(907年)に正月に信濃権守として地方官に転じるが、同年10月には大蔵卿に転任し、その後承平5年(935年)まで長きに亘り大蔵卿を務めた。なおこの間、延喜19年(919年正四位下に叙せられ、延長3年(925年)には参議に任じられ公卿に列している。

その後、朱雀朝において、承平7年(937年従三位天慶2年(939年権中納言、天慶4年(941年中納言と累進し、村上朝の天暦2年(948年正三位大納言に至る。天暦4年(950年)7月3日薨去享年67。

人物[編集]

勅撰歌人として、『後撰和歌集』(4首)以下の勅撰和歌集に8首が採録されている[2]

官歴[編集]

  • 延喜3年正月7日(903年2月7日) 従四位上
  • 延喜4年12月28日(905年2月5日) 次侍従
  • 延喜7年
  • 延喜19年正月7日(919年2月10日) 正四位下
  • 延長3年
    • 正月30日(925年2月25日) 参議
    • 11月(925年-月-日) 兼大蔵卿。
  • 延長4年正月29日(926年3月15日) 兼備前権守。参議、大蔵卿如元。
  • 延長8年(930年-月-日) 止備前権守。参議、大蔵卿如元。
  • 延長9年(931年-月-日) 兼越前権守。参議、大蔵卿如元。
  • 承平5年2月23日(935年3月30日) 兼右衛門督。参議如元。
  • 承平6年正月29日(936年2月24日) 兼備前守。参議、右衛門督如元。
  • 承平7年正月7日(937年2月19日) 従三位
  • 天慶2年12月27日(940年2月7日) 権中納言。右衛門督如元。
  • 天慶3年正月19日(940年2月29日) 止右衛門督。権中納言如元。
  • 天慶4年12月18日(942年1月7日) 中納言。
  • 天暦元年6月6日(947年6月26日) 兼按察使
  • 天暦2年正月30日(948年3月13日) 正三位大納言、止按察使。
  • 天暦4年7月3日(950年8月18日) 薨去

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公卿補任
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 『尊卑分脈』では子、『本朝皇胤紹運録』では孫にあたる。

参考文献[編集]

  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第三篇』吉川弘文館、1987年
官職
先代:
藤原師輔
陸奥按察使
947 - 948
次代:
藤原在衡
先代:
藤原実頼
右兵衛督
936 - 940
次代:
藤原忠文