源経房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源経房
時代 平安時代中期
生誕 安和2年(969年
死没 治安3年10月12日1023年11月27日
官位 正二位権中納言
主君 円融天皇花山天皇一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 醍醐源氏
父母 父:源高明、母:藤原師輔五女・愛宮
兄弟 為平親王妃、忠賢、惟賢、俊賢明子経房、致賢、藤原正光室、源重信室、
藤原相尹室
藤原懐平
実基、定良、良宗、藤原良頼
猶子:経仲
テンプレートを表示

源 経房(みなもと の つねふさ)は、平安時代中期の公卿醍醐源氏、西宮左大臣源高明の五男。官位正二位権中納言

経歴[編集]

出生と同年に父の左大臣・高明が安和の変で失脚し大宰府に流されたが、同母姉・明子の夫である藤原道長が権力者となったことも手伝って順調に昇進した。永観2年(984年従五位下に初叙。侍従兵衛佐などを経て、長徳2年(996年権右中将、同4年(998年)左中将、長保3年(1001年蔵人頭寛弘2年(1005年参議に任ぜられ公卿に列し、長和4年(1015年)権中納言、寛仁2年(1018年)には正二位に昇った。寛仁4年(1020年大宰権帥を兼ね、翌治安元年(1021年)鎮西に赴任し、同3年(1023年)10月12日任所において薨去。享年55。

姉婿道長の猶子でありながらその政敵である中関白家とも近しく、藤原隆家長和年間に大宰帥として大宰府に赴く際、経房に定子の遺児敦康親王を託したことが『栄花物語』に記されている。隆家の長男良頼は娘婿でもある。

枕草子』にも「左中将」としてたびたび登場し、特に跋文の「左中将、まだ伊勢守と聞こえし時」の一段には、『枕草子』を最初に世上に広めたのが彼であると書かれ、『枕草子』の成立を考える上で重要な人物である。

拾遺和歌集』以下、『千載』『玉葉』などの勅撰和歌集に入集。の名手であった。

略歴[編集]

  • 安和2年(969年) 出生
  • 永観2年(984年) 従五位下(正月7日)
  • 寛和2年(986年) 侍従(8月13日)、左兵衛佐(10月21日)
  • 永祚元年(987年) 従五位上(10月14日)
  • 永祚元年(988年) 昇殿(3月2日)、左少将(3月4日)
  • 永祚2年(989年) 伊予介(1月29日)
  • 正暦4年(994年) 正五位下(1月7日)
  • 長徳元年(995年) 従四位下(1月7日)、伊勢権守(4月13日)
  • 長徳2年(996年) 右近権中将(7月21日)
  • 長徳3年(997年) 備中守(1月28日)
  • 長徳4年(998年) 左近中将(10月22日)
  • 長保2年(1000年) 従四位上(1月24日)
  • 長保3年(1001年) 蔵人頭(8月25日)、正四位下(10月10日)
  • 長保4年(1002年) 内蔵頭・美作守(2月30日)
  • 長保5年(1003年) 播磨権守(1月30日)
  • 寛弘2年(1005年) 参議(6月19日)
  • 寛弘4年(1007年) 従三位(1月20日)
  • 寛弘7年(1010年) 備前権守(11月25日)
  • 寛弘8年(1011年) 備前守
  • 長和元年(1012年) 丹波権守(1月27日)、中宮権大夫(2月14日・中宮は藤原妍子)、正三位(11月21日)
  • 長和2年(1013年) 従二位(9月16日)
  • 長和4年(1015年) 権中納言(2月18日)
  • 寛仁2年(1018年) 正二位(10月22日)、皇太后宮権大夫に転ず(11月16日)
  • 寛仁4年(1020年) 大宰権帥(11月29日)を兼ねる
  • 治安元年(1021年) 九州へ赴任(3月4日)
  • 治安3年(1023年) 薨去(10月12日)

系譜[編集]