源義宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源義宗
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 兵庫允左衛門少尉
氏族 河内源氏
父母 父:源義家
兄弟 義宗義親義忠義国義時義隆輔仁親王妃、源重遠
養子:忠宗

源 義宗(みなもと の よしむね)は、平安時代河内源氏武将源義家の子。『尊卑分脈』では長男とされる。

略歴[編集]

若くして死去したが、戦死か病没かは不詳。兵庫允左衛門少尉の官職に就任した(『尊卑分脈』)。また、忠宗(次弟・義忠の子)が義宗の養子となっている。

『平泉志』巻之上(一関藩教成館學頭、高平眞藤編)によると、後三年の役の金澤柵の攻防の記事に、

「義家朝臣には所労に由り出陣叶はず。弟新羅三郎義光並に嫡子河内判官義忠軍を率て金澤を攻らる。」

との記事を載せるが、この記事の寛治4年(1090年)では、嫡子とされる源義忠は僅か7歳でしかないため、一軍を率いていたとは考え難い。そのため、義忠の他の兄弟であると考え、嫡子というのが単に長男であることを意味すると理解すれば、上記の記事の嫡子は義宗のことと考えられる。