源雅通 (宇多源氏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
源雅通
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛仁元年7月10日1017年8月4日
別名 丹波中将
官位 従四位下右近衛中将
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇
氏族 宇多源氏
父母 父:源時通、母:源堯時娘
養父:源雅信
雅孝、念真、行源、雅尊、念尊ら
テンプレートを表示

源 雅通(みなもと の まさみち)は、平安時代中期の貴族歌人宇多源氏権左少弁・源時通の子。源雅信の養子。官位従四位下右近衛中将丹波中将と呼ばれた。

経歴[編集]

永延元年(987年)父が出家した後、祖父・雅信の養子になる。雅信の死後は祖母・藤原穆子に養育された(『栄花物語』巻12)。また、叔母にあたる源倫子藤原道長室)の縁故から、道長夫妻の庇護をも受けた。長徳4年(998年右近衛権将監に任ぜられ、その後、右近衛権中将・五位蔵人・敦成親王(後一条天皇)家別当・木工頭冷泉院御厨別当・丹波守中宮亮(中宮:藤原妍子)などを歴任した。寛仁元年(1017年)7月10日、当時流行していた疫病によって卒去、最終官位は従四位下・右近衛中将。

歌人としては、『後拾遺和歌集』に1首、『和泉式部集』に1首、『伊勢大輔集』に2首の和歌が収録されている。

人物[編集]

人柄は正直で人に媚びることはなかったが、春秋の逍遥遊戯に惹かれ、狩猟に耽り、栄華を好むなど罪業を積んだが、道心あって平素より法華経を読んだことから往生を得ることができたとされる(『本朝法華験記』ほか)。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]