源頼清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

源 頼清(みなもと の よりきよ)


源頼清 (平安時代中期)[編集]

 
源頼清
時代 平安時代中期
生誕 長徳元年(995年
死没 延久5年7月18日1073年8月23日
官位 従四位下中務少輔安芸守肥後守陸奥守
氏族 河内源氏
父母 父:源頼信、母:修理命婦
兄弟 頼義頼清頼季、頼任、義政、
源為満室、源信忠室
藤原斉信娘ら
仲宗、兼宗、清宗、永源、家宗、季宗、憲宗、基宗

源 頼清(みなもと の よりきよ)は、平安時代中期の武士官人河内源氏の祖・源頼信の次男。母は修理命婦で源頼義の同母弟。

従四位下に上り中務少輔安芸守肥後守陸奥守などを歴任する一方、藤原頼通家の侍所別当も務めた。『後拾遺和歌集』(歌番号474)には、陸奥守から肥後守に転任する頼清に贈った相模の和歌がある。また『今昔物語』(巻12ノ36)には、貧乏暮らしをする左京大夫として登場する[1]

子孫は信濃国北部に勢力を扶植し、村上氏波多氏と称して繁栄している。

参考文献[編集]

  • 元木泰雄「頼義と頼清-河内源氏の分岐点」『立命館文學』第624号、立命館大学、2012年、 456-468頁、 ISSN 02877015NAID 110009511643

脚注[編集]

  1. ^ 今昔物語巻12の第36「天王寺道命阿闍梨語」」『国史大系』16、経済雑誌社、1901年、674-677頁。

関連[編集]