源 (食品製造会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 源
種類 株式会社
本社所在地 939-8232
富山県富山市南央町37-6
設立 1908年11月16日
業種 食料品
法人番号 6230001003171
事業内容 食品製造・販売
代表者 源 八郎
資本金 7,000万円
外部リンク http://www.minamoto.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社源みなもと)は、富山県富山市にある食品製造会社。富山の郷土料理である「ますのすし(鱒寿司)」「ぶりのすし」、富山駅などで販売されている駅弁などを製造している。

富山県に、鱒寿司を製造するメーカーは多いが、「源」はもともとが駅弁業者であり,所謂ます寿司店とは別のものと地元では扱われている。事業規模は「源」が圧倒的に大きい上に販路も広く、他県のデパートや物産展、駅弁大会などでも扱われる機会が多い。「ますのすし」という表記は源が使い始めたものではあるが、知名度の向上とともにごく少数の他店でも追随[要出典]するものが出てきている。

本店には見学コースがあり、ますのすしの製造や旅と食文化を扱った展示を行っている(ますのすしミュージアム)。レストランや直売所も併設されており、観光ツアー旅行に組み込まれる観光スポットとなっている。

沿革[編集]

  • 1908年11月、富山駅の開業にあわせ創業、構内営業人となる。
  • 1910年、旅館を開業。
  • 1912年、ますのすしの販売を開始。
  • 1946年、社団法人国鉄構内営業中央会に加盟。
  • 1962年5月、株式会社化。
  • 1966年12月、高岡駅に駅ビルテナントとして進出。
  • 1971年12月、名古屋駅地下街に進出。
  • 1976年4月、富山インター店を開設。
  • 1985年7月、黒部インター店を開設。
  • 1996年11月、富山市南央町の本店内にますのすし伝承館を開設。
  • 1997年10月、北陸自動車道 徳光PA(上り)のまっとう車遊館に松任車遊館店を開設。
  • 1998年4月、高岡駅の駅弁業者「宮島商店」が撤退した後を受けて構内営業を開始。
  • 2005年7月、金沢駅金沢百番街に金沢百番街店を開設(それ以前も北陸トラベルサービスの駅弁売店で「ますのすし」自体は売られていた)。
  • 2015年5月、魚津駅構内の売店跡に「魚源商店」を開設。

主な商品[編集]

主力商品「ますのすし」

ますのすし[編集]

富山の郷土料理である鱒寿司だが、源が展開する鱒寿司は「ますのすし」という商品名である。笹で包んだ鱒押し寿司を木製のわっぱに入れ、紙容器に格納したもの。パッケージのイラストは、中川一政による。富山県を代表する駅弁・みやげものになっているほか、富山空港でも空弁として売られている。

「一重」「二重」「特選」のグレードのほか、限定商品「伝承館ますのすし」「竹ずし」がある。

なお、「伝承館ますのすし」に使用されるマスはサクラマスだが、現在では神通川で獲れたマスではなく、主に北海道産を使用している。

ぶりのすし[編集]

を使った押し寿司。1957年発売。「ますのすし」と「ぶりのすし」をセットにした「ますぶりすし重ね」という商品もある。

かぶら寿司をモチーフにしたものという意見もあるが、源としては関係の有無について公言していない。

駅弁[編集]

駅弁としては、富山駅・高岡駅・新高岡駅で販売されている。

  • ますのすし弁当・ぶりのすし弁当
ますのすし及びぶりのすしを食べやすいパッケージに入れ弁当としたもの。
松花堂弁当様式の駅弁。
定番の幕の内弁当。

など

販売場所[編集]

  • 富山駅、高岡駅、新高岡駅、魚津駅構内
  • 本店(富山県富山市南央町37-6)
  • 富山インター店
  • 黒部インター店
  • 砺波インター店
  • 金沢百番街
  • 北陸自動車道 尼御前上りSA
  • 北陸自動車道 米山下りSA
  • 富山きときと空港売店
  • NEWDAYS
富山駅を管轄するJR西日本ではなくJR東日本の駅構内で展開するコンビニなのだが、多くの店舗で扱っている。上野駅の常磐線(特急)ホーム内店舗でも購入可能(2006年12月現在)。

そのほか、スーパーマーケットの惣菜コーナーや各地で行われる物産展、駅弁大会など、富山県や近隣各県のみならず様々な地域で販売されている。

ギャラリー[編集]