溝畑茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

溝畑 茂(みぞはた しげる、1924年12月30日 - 2002年6月25日)は、日本の数学者京都大学名誉教授。偏微分方程式論を専門とする。

来歴[編集]

大阪府生まれ。1944年に第三高等学校理科を卒業。1947年に京都帝国大学理学部を卒業。師は岡村博教授。1954年から1957年にかけて、フランス政府給費留学生としてフランスに留学。

関数解析的手法を用いた偏微分方程式論を日本に持ち込んだ泰斗。特に双曲型の偏微分方程式を精力的に研究し、Lax-Mizohataの定理を初めとして多数の業績を残している。1962年に出版された論文で考察された作用素は、線形偏微分方程式の局所可解性の研究において基本的な例である。著書の『偏微分方程式論』は英訳され、世界的な名著として知られている。

1966年に松永賞を受賞している。また1986年に、パリ大学から名誉博士号を授与される。

観光庁長官、元大分フットボールクラブ代表取締役の溝畑宏は長男。

著書[編集]

  • 『偏微分方程式論』岩波書店〈現代数学 9〉、1965年。ISBN 4-00-005971-8。
  • 『ルベーグ積分』岩波書店〈岩波全書〉、1966年。ISBN 4-00-021831-X。
  • 『積分方程式入門』朝倉書店〈基礎数学シリーズ 14〉、1968年。
    • 『積分方程式入門』小堀憲・小松醇郎・福原満洲雄編、朝倉書店〈基礎数学シリーズ 14〉、2004年12月、復刊。ISBN 4-254-11714-0。
  • 『数学解析』上、朝倉書店〈数理解析シリーズ 1〉、1973年。ISBN 4-254-11025-1。
  • 『数学解析』下、朝倉書店〈数理解析シリーズ 1〉、1973年。ISBN 4-254-11026-X。
  • 『解析学小景』岩波書店、1997年1月。ISBN 4-00-005183-0。

共著・編著・共編著[編集]

欧文主要著書[編集]

  • Lectures on Cauchy Problem. Tata Institute of Fundamental Research. 1965.
  • The Theory of Partial Differential Equations. Cambridge University Press. 1973: ISBN 0521087279
  • On the Cauchy Problem. Academic Press. 1985: ISBN 0125016603