溢れる愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
溢れる愛
ニール・ヤング楽曲
収録アルバム カムズ・ア・タイム
リリース 1978年10月
ジャンル ロック
時間 2分40秒
レーベル リプリーズ・レコード
作詞者 ニール・ヤング
作曲者 ニール・ヤング
プロデュース ニール・ヤング、ティム・マリガン
溢れる愛
ニコレット・ラーソンシングル
初出アルバム『愛しのニコレット
B面 歓喜の天使
リリース
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 ニール・ヤング
プロデュース テッド・テンプルマン
チャート最高順位
  • 8位(アメリカ[2]
  • 22位(ニュージーランド[3]
ニコレット・ラーソン シングル 年表
溢れる愛
(1978年)
ルンバ・ガール
(1978年)
ミュージックビデオ
「Lotta Love」 - YouTube
テンプレートを表示

溢れる愛」(あふれるあい、原題:Lotta Love)は、ニール・ヤングが作詞・作曲して1978年のアルバム『カムズ・ア・タイム』で発表した楽曲。ニコレット・ラーソンによるヴァージョンも、同時期にリリースされたアルバム『愛しのニコレット』に収録され、シングル・ヒットした。

解説[編集]

ラーソンのインタビューによれば、この曲はヤングの録音が先で、その録音を聴いたラーソンが、この曲を歌いたいと申し出たところヤングが「これは君の曲だ」と快諾したが、最終的にヤングが心変わりして、自分のアルバムにも収録したという[4]。ヤングのヴァージョンでは、クレイジー・ホースがバックを務めている[5]

ラーソンのヴァージョンはシングル・カットされて、アメリカのBillboard Hot 100で8位に達し[2]、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を獲得した[6]。ニュージーランドのシングル・チャートでは合計10週トップ40入りして、最高22位を記録した[3]。また、ラーソン版はジム・バージェスによるリミックス・ヴァージョン「ディスコ・ステレオ・ミックス」も存在する[7]

カヴァー[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 45cat - Nicolette Larson - Lotta Love / Angels Rejoiced - Warner Bros. - USA - WBS 8664
  2. ^ a b Nicolette Larson Chart History - Hot 100”. Billboard. 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ a b charts.org.nz - Nicolette Larson - Lotta Love
  4. ^ Newton, Steve (2013年2月24日). “30 Years Ago: Nicolette Larson talks Neil Young, Eddie Van Halen, and roommate Linda Ronstadt”. The Georgia Straight. Vancouver Free Press Publishing Corp. 2017年11月26日閲覧。
  5. ^ Sullivan, Denise. “Lotta Love - Neil Young”. AllMusic. 2017年11月26日閲覧。
  6. ^ Nicolette Larson Chart History - Adult Contemporary”. Billboard. 2017年11月26日閲覧。
  7. ^ Nicolette Larson - Lotta Love (Vinyl) at Discogs - プロモーション盤12インチ・シングルの情報
  8. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “The Bridge: A Tribute to Neil Young - Various Artists”. AllMusic. 2017年11月26日閲覧。
  9. ^ She & Him - Why Do You Let Me Stay Here? (Vinyl) at Discogs
  10. ^ ヘイリー・ロレン - ハート・ファースト”. Victor Entertainment. 2017年11月26日閲覧。