溶け出したガラス箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
溶け出したガラス箱
吐痙唾舐汰伽藍沙箱スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォークソング
レーベル URCレコード
テンプレートを表示

溶け出したガラス箱』は、木田高介西岡たかし斉藤哲夫の「吐痙唾舐汰伽藍沙箱」名義のスタジオプロジェクトによるアルバム

1970年11月に、URCレコードより発売された。

西岡たかしが斉藤哲夫の唄に感動して、「斉藤哲夫みたいな唄にトライしたい」ことがきっかけ[1]

ゲストとして加藤和彦細野晴臣竹田和夫、上村律夫が参加している。

エピソード[編集]

当時斉藤哲夫は、自身のイメージと音楽との関係に悩んでおり、西岡たかしのオリジナル曲「何がなんだかわからない時」「さっきの君が」の収録でも、「ちょっと俺のイメージとは違うんだ」と頭を抱えて本気で悩んでいた[1]

収録曲[編集]

全作詞・作曲:西岡たかし、全編曲:木田高介

  • A面
  1. あんまり深すぎて
  2. 何がなんだかわからない時
  3. 君はだれなんだ
  4. まるで君と同じのっぺら坊で
  • B面
  1. ボクの右手の二本の指
  2. マイケルの髪
  3. 小さな花が道ばたに...
  4. さっき君が

溶け出したガラス箱 -デラックス・エディション-(GRCL-6054)[編集]

オリジナル収録曲にプラスして、URCの倉庫で発掘された未発表バッキング・トラックスをDisc2として収録

  1. 何がなんだかわからない時〈前半〉(take-1)
  2. 何がなんだかわからない時〈後半〉(take-1)
  3. 君はだれなんだ(take-1)
  4. 君はだれなんだ(take-2)
  5. 君はだれなんだ(take-3)
  6. まるで君と同じのっぺら坊で(take-1)
  7. マイケルの髪(take-1)
  8. マイケルの髪(take-2)
  9. マイケルの髪(take-3)
  10. さっき君が(take-1)
  11. さっき君が(take-2)
  12. さっき君が(take-3)

発売履歴[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 タイトル 備考
1970年11月 URCレコード LP URG-4003 溶け出したガラス箱
1980年 SMSレコード LP SM20-4141 溶け出したガラス箱
1989年7月25日 キティ・レコード CD H20K-25005 溶け出したガラス箱
1995年6月16日 東芝EMI CD TOCT-8958 溶け出したガラス箱
2003年3月5日 avex io CD IOCD-40048 溶け出したガラス箱
2015年7月29日 グリーンウッド・レコーズ HQCD GRCL-6054 溶け出したガラス箱 -デラックス・エディション- Disc1 2015年デジタルリマスター盤
CD GRCL-6054 Disc2 URCの倉庫で発掘された未発表バッキング・トラックスを収録
2017年9月20日 ポニーキャニオン LP PCJA-00070 溶け出したガラス箱
カセットテープ PCTA-00285

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b なぎら健壱『日本フォーク私的大全』筑摩書房、1995年、159頁。ISBN 4480872663。