滄州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

滄州(そうしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から民国初年にかけて、現在の河北省滄州市および山東省浜州市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

517年熙平2年)、北魏により瀛州冀州の一部を分割して滄州が立てられた。滄州は浮陽郡に属する饒安浮陽高城章武の4県と楽陵郡に属する楽陵陽信厭次湿沃の4県と安徳郡に属する重合重平平昌の4県の合わせて3郡12県を管轄した[1]

隋代[編集]

586年開皇6年)、により滄州は棣州と改められた。606年大業2年)、棣州は滄州と改称された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、滄州は渤海郡と改称され、下部に10県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
滄州 冀州 渤海郡
楽陵郡 浮陽郡 渤海郡 陽信県 楽陵県 饒安県
清池県 塩山県 南皮県
無棣県 滳河県 厭次県
蒲台県
陽信県 楽陵県 浮陽県 饒安県
高城県
南皮県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により渤海郡は滄州と改められた。滄州は清池・饒安・無棣の3県を管轄した。742年天宝元年)、滄州は景城郡と改称された。758年乾元元年)、景城郡は滄州の称にもどされた。滄州は河北道に属し、清池・長蘆・塩山・無棣・楽陵・南皮・饒安・臨津乾符の9県を管轄した[3]

宋代[編集]

北宋のとき、滄州は河北東路に属し、清池・塩山・無棣・楽陵・南皮の5県を管轄した[4]

のとき、滄州は河北東路に属し、清池・塩山・無棣・楽陵・南皮の5県と長蘆・新饒安・旧饒安・乾符・郭疃・分水・海豊・海潤・利豊・撲頭・馬明の11鎮を管轄した[5]

元代[編集]

のとき、滄州は河間路に属し、清池・楽陵・南皮・塩山・西無棣の5県を管轄した[6]

明代以降[編集]

のとき、滄州は河間府に属し、南皮・塩山・慶雲の3県を管轄した[7]

1729年雍正7年)、により滄州は直隷州に昇格した。1731年(雍正9年)、滄州は天津府の属州に降格し、属県を持たない散州となった[8]

1913年中華民国により滄州は廃止され、滄県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』地形志二上
  2. ^ 隋書』地理志中
  3. ^ 旧唐書』地理志二
  4. ^ 宋史』地理志二
  5. ^ 金史』地理志中
  6. ^ 元史』地理志一
  7. ^ 明史』地理志一
  8. ^ 清史稿』地理志一