滅びのモノクローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

滅びのモノクローム』(ほろびのものくろーむ)は、三浦明博ミステリー小説である。第48回江戸川乱歩賞受賞作。受賞時のタイトルは「亡兆のモノクローム」だが、刊行時に改題した。2004年にテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

広告代理店に勤める日下は、骨董市でフライフィッシング用のリールを手に入れる。売り主の月森花からおまけに貰ったのは、古い16ミリフィルム。その映像をCMに使おうと決めた日下だったが、それは戦時中に封印された過去を暴く結果になった。

小説[編集]

講談社から刊行。

テレビドラマ[編集]

2004年2月20日に、フジテレビ金曜エンタテイメント枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]