滑州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

滑州(かつしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の河南省安陽市南東部に設置された。

隋代[編集]

589年開皇9年)、隋により汴州および曹州の一部を分割して立てられた杞州を前身とする。596年(開皇16年)、杞州は滑州と改称された。606年大業2年)、滑州は兗州と改称された。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、兗州は東郡と改称され、下部に9県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
汴州 曹州 東郡
東郡 濮陽郡 済陰郡 白馬県 胙城県 匡城県
濮陽県 離狐県 霊昌県
韋城県 衛南県 封丘県
白馬県 東燕県 長垣県 濮陽県 西濮陽県 離狐県

唐代[編集]

618年武徳元年)、により東郡は滑州と改められた。619年(武徳2年)、滑州は陥落した。621年(武徳4年)、唐が王世充を平定すると、滑州が再び置かれた。742年天宝元年)、滑州は霊昌郡と改称された。758年乾元元年)、霊昌郡は滑州の称にもどされた。滑州は河南道に属し、白馬・衛南・韋城・胙城・匡城・酸棗・霊昌の7県を管轄した[2]

宋代[編集]

1072年熙寧5年)、北宋により滑州はひとたび廃止された。1081年元豊4年)、再び滑州が置かれた。滑州は京西北路に属し、白馬・韋城・胙城の3県を管轄した[3]

のとき、滑州は河北西路に属し、白馬・内黄の2県と衛南・武城の2鎮を管轄した[4]

元代以降[編集]

のとき、滑州は大名路に属し、白馬・内黄の2県を管轄した[5]

1369年洪武2年)、明により白馬県が廃止された。1374年(洪武7年)、滑州は滑県に降格した。滑県と内黄県は大名府に転属した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志中
  2. ^ 旧唐書』地理志一
  3. ^ 宋史』地理志一
  4. ^ 金史』地理志中
  5. ^ 元史』地理志一
  6. ^ 明史』地理志一