滑津橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滑津橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福島県西白河郡中島村
交差物件 阿武隈川
竣工 1986年
座標 北緯37度9分22.2秒 東経140度23分11秒 / 北緯37.156167度 東経140.38639度 / 37.156167; 140.38639座標: 北緯37度9分22.2秒 東経140度23分11秒 / 北緯37.156167度 東経140.38639度 / 37.156167; 140.38639
構造諸元
形式 5径間PCT桁橋
全長 152.6 m
7.25 m (10.0 m)
地図
滑津橋の位置(福島県内)
滑津橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
福島県道137号標識

滑津橋(なめつはし)は、福島県西白河郡中島村にある道路橋である。

概要[編集]

  • 全長:152.6 m
    • 主径間:29.6 m
  • 幅員:7.25 m (10.0 m)[1]
  • 形式:5径間PCポステンT桁橋
  • 竣工:1986年[2]

中島村東端を流れる一級河川阿武隈川を渡り、福島県道137号泉崎石川線を通す。西詰は中島村滑津字代畑川原に位置し、西側では福島県道139号母畑白河線と交差する。東詰は中島村滑津字代畑川原と石川郡石川町新屋敷大字石船との郡町村境に位置する。橋上は上下対向2車線で供用され、下り線側に歩道が設置されている。橋梁付近には滑津水位観測所が設置されており、すぐ下流にて支流の泉川が阿武隈川に合流している。旧橋梁が幅員狭小で、前後の区間の線形も悪く交通の隘路となっていたために1981年度より地方道橋梁整備事業により架替が行われた。総事業費は4億900万円[3]

沿革[編集]

  • 1935年 - 幅員4.5 mのRC桁橋として架けられる。
  • 1986年 - 現在の橋が竣工する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成26年度 橋梁点検結果(福島県管理道路) (PDF) - 福島県土木部
  2. ^ 滑津橋1935- - 土木学会附属土木図書館橋梁史年表。2019年5月7日閲覧。
  3. ^ 福島県の橋梁 昭和61年度版 - 福島県土木部