滕脩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

滕 脩(とう しゅう、? - 288年)は、中国三国時代から西晋にかけての政治家・武将。字は顕先荊州南陽郡西鄂県の人。別名は「滕循」。子は滕並。

生涯[編集]

呉に仕えて将帥となり西鄂侯に封ぜられた。

孫晧の時代には熊睦の後任として広州刺史となり、甚だ威光恩恵を示した。滕脩が広州刺史になった時、ある人が一丈もの長さの鬚を持つがいると語ったが、滕脩は信用できなかった。その人が後に徐州東海郡へと出かけ、長さ四丈四尺の蝦を捕まえ滕脩の元に送ると、滕脩はやっと納得したという[1]

中央に召し返されると執金吾になった。建衡元年(269年)、陸凱は亡くなる間際に「滕脩らは皆、清廉忠実・卓越秀才であり、社稷の根幹、国家の善き補佐であります。陛下は彼らにお訊ねになり、忠義を尽くせるようお取り計らい下さいますよう。」と陳情している[2]。広州で郭馬らが反乱を起こすと、孫晧はかねてより滕脩の威光恩恵が、民たちを心服させていると信じていたため、滕脩を使持節・都督広州諸軍事・鎮南将軍・広州に任じて討伐を命じ、後に陶璜陶濬らを援軍として差し向けた。

郭馬の反乱を平定していない内に晋が攻め込んで来たので、滕脩は兵を率い応戦しようと駆けつけたが、巴丘まで赴いたところで孫晧が既に降服したことを知ったため、喪服を着た上で涙を流しながら引き返した。広州刺史の閭豊・蒼梧太守の王毅とともに印綬を返上すると、詔勅により安南将軍に任じられた。広州牧・持節・都督の職階はそのまま留任とされ、武当侯に封ぜられた上で鼓吹を与えられて、南方の仕事を委任された。

滕脩が南方にあること数年、辺境の夷狄たちも帰服した。太康9年(288年)に死去した。親族が洛陽に埋葬して欲しいと請願したことから、武帝はその気持ちに満悦して一頃の墓田を与え、声侯と諡した。後に子の上表により、忠侯と改められた。

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滕脩
 
滕並
 
滕含
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滕遯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滕恬之[ft 1]
 
滕羨[ft 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. ^ 晋書巻57に「脩曾孫恬之」、資治通鑑巻105に「恬之,脩之曾孫也」とあるが、宋書巻64及び南史巻33では「兗州刺史滕恬」としている。
  2. ^ 宋書巻64及び南史巻33に「恬子羨」とある。

脚注[編集]

  1. ^ 『呂岱伝』
  2. ^ 『陸凱伝』

参考文献[編集]