滝井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝井駅
滝井駅東口
滝井駅東口
たきい
Takii
KH08 千林 (0.4km)
(0.4km) 土居 KH10
所在地 大阪府守口市紅屋町8番8号
駅番号 KH  09
所属事業者 京阪電気鉄道
所属路線 京阪本線
キロ程 7.2km(淀屋橋起点)
電報略号 滝(駅名略称方式)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線*
乗車人員
-統計年度-
3,456人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
6,778人/日
-2017年-
開業年月日 1931年昭和6年)10月14日
備考 * この間に通過線2本あり
テンプレートを表示
西口
構内(東口付近)
プラットホーム

滝井駅(たきいえき)は、大阪府守口市紅屋町にある、京阪電気鉄道京阪本線。駅番号はKH09

歴史[編集]

駅構造[編集]

早朝および夜間は無人となる。また、改札内にはトイレがある。

通過線2本を挟んだ相対式2面2線のホームを持つ高架駅で改札口のフロアーは地平にあり改札口とホームの間は階段のほかに身障者対応エレベーターが設置されている。改札口は東西それぞれ1ヶ所ずつ設けられている。隣の土居駅や千林駅とは400mしか離れておらず、当駅ホームから両駅が目視できる[7][8]。前後の駅同様に通過線(A線)にホームはなく、外側2線(B線)のみホームがある[7]

かつて西口(関西医大病院側)は平日朝のみ開設されていたが、後に終日開設されるようになった。メインの入り口は大阪方面ホーム側(東口)である。そのため、西口には元々窓口が設けられていない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 京阪本線 上り 守口市枚方市三条出町柳方面
2 下り 京橋淀屋橋中之島線方面

※両ホームとも有効長は8両。1・2番線の間に通過線(A線)がある。

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の特定日における1日乗降人員6,778人である。

近年の特定日における1日乗降・乗車人員は下表の通りである。

年度 特定日 出典
乗降人員 乗車人員
1995年 13,482 6,615 [9]
1996年 - [10]
1997年 - [11]
1998年 11,932 6,001 [12]
1999年 -
2000年 11,704 5,762 [13]
2001年 -
2002年 10,688 5,302 [14]
2003年 10,624 5,289 [15]
2004年 10,927 5,394 [16]
2005年 11,046 5,480 [17]
2006年 8,421 4,248 [18]
2007年 8,074 4,032 [19]
2008年 7,951 3,991 [20]
2009年 8,493 4,265 [21]
2010年 8,293 4,156 [22]
2011年 7,844 3,956 [23]
2012年 7,820 3,903 [24]
2013年 7,010 3,516 [25]
2014年 7,117 3,609 [26]
2015年 7,389 3,731 [27]
2016年 6,954 3,522 [28]
2017年 6,778 3,456 [29]

駅周辺[編集]

参考文献・京阪電鉄沿線広報誌『K・PRESS』2012年12月号6頁「気になるあの駅散策マップ」より

バス[編集]

大阪シティバス滝井停留所が、駅から少し離れている国道479号線沿いに設置されている。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
京阪本線
快速特急「洛楽」・ライナー・特急・通勤快急・快速急行・深夜急行・急行・通勤準急・準急・区間急行
通過
普通
千林駅 (KH08) - 滝井駅 (KH09) - 土居駅 (KH10)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典・京阪電気鉄道開業100周年記念誌「京阪百年のあゆみ」資料編137頁
  2. ^ 出典・京阪電鉄開業90周年記念誌「街をつなぐ 心をむすぶ」の巻末年表より
  3. ^ 出典・駅置きの広報誌「くらしの中の京阪」1993年5月号
  4. ^ 出典・駅置きの沿線情報誌『K PRESS』2002年3月号12面「くらしのなかの京阪」
  5. ^ 出典・駅置きの広報誌『K PRESS』2014年5月号16面「くらしのなかの京阪」より
  6. ^ 出典・駅置きの広報誌『K PRESS』2016年11月号16面「くらしのなかの京阪」
  7. ^ a b 米屋こうじ『あなたの知らない大阪「駅」の謎』洋泉社、2016年、88-89頁。ISBN 978-4-8003-0924-2。
  8. ^ 米屋こうじ『あなたの知らない大阪「駅」の謎』洋泉社、2016年、138-139頁。ISBN 978-4-8003-0924-2。
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)

関連項目[編集]