滝口悠生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
滝口 悠生
(たきぐち ゆうしょう)
誕生 (1982-10-18) 1982年10月18日(37歳)
日本の旗 日本東京都八丈町
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学第二文学部中退
活動期間 2011年 -
ジャンル 小説
代表作 『死んでいない者』(2016年)
主な受賞歴 新潮新人賞(2011年)
野間文芸新人賞(2015年)
芥川龍之介賞(2016年)
デビュー作 「楽器」(2011年)
パートナー ブックデザイナー 佐藤亜沙美
テンプレートを表示

滝口 悠生(たきぐち ゆうしょう、1982年10月18日 - )は、日本小説家東京都八丈町生まれ、埼玉県入間市出身。早稲田大学第二文学部中退[1]

経歴[編集]

人物[編集]

作家デビュー前はフリーペーパーを作って配布しており、それを読んで声をかけてくれた人の紹介で自費出版の会社でアルバイトをするようになった[3]

妻はブックデザイナーの佐藤亜沙美。フリーペーパーを書いていた頃に文章に「ひと読み惚れ」されたことで知り合った。もともと主夫志向だったため、家庭では家事の一切を担当している[4]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『寝相』(新潮社 2014年3月)
    • 寝相 - 『新潮』2013年10月号
    • わたしの小春日和 - 『新潮』2012年12月号
    • 楽器 - 『新潮』2011年11月号
  • 『愛と人生』(講談社 2015年1月、講談社文庫 2018年12月)
    • 愛と人生 - 『群像』2014年8月号
    • かまち - 『群像』2014年4月号
    • 泥棒 - 『群像』2014年11月号
  • 『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(新潮社 2015年8月、新潮文庫 2018年4月)
    • ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス - 『新潮』2015年5月号
    • 犬の尻のあたり(文庫版のみ収録) - 『GRANTA JAPAN with 早稲田文学03』
  • 『死んでいない者』(文藝春秋 2016年1月、文春文庫 2019年3月)
    • 死んでいない者 - 『文學界』2015年12月号
    • 夜曲(文庫版のみ収録) - 『文學界』2016年3月号
  • 『茄子の輝き』(新潮社 2017年6月)
    • お茶の時間 - 『en-taxi』2015年春季号
    • わすれない顔 - 『三田文学』2016年春季号
    • 高田馬場の馬鹿 - 『新潮』2016年7月号
    • 茄子の輝き - 『新潮』2016年11月号
    • 街々、女たち - 『新潮』2017年1月号
    • 今日の記念 - 『新潮』2017年3月号
    • 文化 - 『新潮』2016年1月号
  • 『高架線』(講談社 2017年9月)
    • 高架線 - 『群像』2017年3月号
  • 『掌篇歳時記 春夏』(講談社、2019年)瀬戸内寂聴絲山秋子伊坂幸太郎花村萬月村田沙耶香津村節子村田喜代子保坂和志橋本治長嶋有髙樹のぶ子との共著
    • 虹始見 - 『群像』2018年4月号

随筆・論考・その他[編集]

  • 「リバーズ・エッジの風景」(『エッジ・オブ・リバーズ・エッジ――〈岡崎京子〉を捜す』新曜社、2018年2月)
  • 『いま、幸せかい? 「寅さん」からの言葉』(文春新書、2019年12月)
  • 『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』(numabooks、2019年12月)
    • アイオワ日記 - 『新潮』2018年11月号
    • 続アイオワ日記 - 『新潮』2018年12月号
    • チャンドラモハン - 『ちゃぶ台』Vol.4 ミシマ社
    • 続続アイオワ日記 - 『新潮』2019年1月号
    • アイオワの古本屋 - 『すばる』2019年1月号
    • 続続続アイオワ日記 - 『新潮』2019年2月号

単行本未収録作品[編集]

小説[編集]

  • 「黄色」(『文藝』2016年夏号)
  • 「MajiでKoiする5秒前」(『群像』2016年8月号)
  • 「温み」(『ランバーロール』0号)
  • 「寝上戸の友達」(『高架線』刊行記念小冊子として配布、本屋B&Bのオンラインショップにてpdfファイルを販売[5]
  • 「武蔵の駅」(『F』20号 特集〈武蔵野〉)
  • 「すぐに港へ」(『文學界』2018年1月号)
  • 「長い一日」(『本』2018年4月号 - 連載中)
  • 「迷子の歌」(『飛ぶ教室』第57号)
  • 「全然」(『新潮』2019年8月号 - 連載中)
  • 「絶対大丈夫」(『文學界』2019年8月号)
  • 「黒米と大麻」(『文學界』2019年11月号)
  • 「競馬と念仏」(『ちゃぶ台』Vol.5 ミシマ社)
  • 「半ドンでパン」(『kaze no tanbun 特別ではない一日』柏書房)
  • 「隕石」(『群像』2020年1月号)
  • 「スリランカロンドン」(『文學界』2020年3月号)
  • 「火の通り方」(『文學界』2020年6月号)
  • 「忘れたことが思い出せない」(『ランバーロール』3号)

随筆・評論・その他[編集]

  • 「野球」(『三田文学』2016年夏季号)
  • 「語られる言葉はどこに」(『すばる』2016年9月号)
  • 「浅草」(『疾駆 chic』Vol.8)
  • 「茄子が輝くまで」(『茄子の輝き』刊行記念小冊子として配布、新潮社ウェブサイトにて全文掲載[6]
  • 「不可能と奇跡が同時にある」(演劇批評誌『紙背』三号)
  • 「草小説とプロ野球」(『ODD ZINE』Vol.3)
  • 「語り手の身体」(『悲劇喜劇』2020年3月号)
  • 「あの日のキラキラ」(『Quick Japan』Vol.149)
  • 「嫌いなことについて考えた日のこと」(『ODD ZINE』Vol.4)

脚注[編集]