滝尾百穴横穴古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝尾百穴横穴古墳群

滝尾百穴横穴古墳群(たきおひゃっけつよこあなこふんぐん)は、大分県大分市羽田にある古墳時代後期後半の横穴墓群。滝尾百穴とも呼ばれる。大分市の史跡に指定されている。

概要[編集]

大分市立滝尾中学校のグラウンドの北側にある火山層のに、様々な大きさの75の横穴墓が3-4段に並んでいる。横穴墓の蓋部は崩壊して現存していない。横穴墓には多くのバリエーションがある。平面形状は正方形のもの、長方形のものがあり、天井の形状もドーム状、かまぼこ状、鴨居のような意匠のある妻入り家形、寄せ棟形等がある。また、床面に棺台があるものや、羨道の片方に袖石を有するものもある[1][2][3]

本横穴古墳群は、集団墓的な性質を持つ家族墓であると考えられている。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大分市の歴史探訪3(中部地区の文化財) 大分市
  2. ^ a b 滝尾百穴横穴古墳群 | スポット情報 日本一の「おんせん県」大分県の観光情報公式サイト(公益社団法人ツーリズムおおいた)
  3. ^ 滝尾百穴横穴古墳群|観光スポット 一般社団法人 大分市観光協会