滝川元義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

滝川 元義(たきがわ もとよし、生没年不詳)は、幕末の幕臣。滝川源作の子。元似(もとしげ)とも。主殿、のちに讃岐守。

西の丸目付や本丸目付などを歴任し、文久3年(1863年講武所歩兵頭、持筒組頭兼帯より佐渡奉行となる。しかし、佐渡には着任をしていない。知行は2019石1斗7升、役料1500俵100人扶持。元治元年(1864年)3月28日、堺奉行となり讃岐守へ還任となった。同年9月京都西町奉行となり、慶応2年10月までその任につく。

参考文献[編集]

  • 日本人名大事典(講談社
  • 越佐人物誌(牧田利平編 野島出版 昭和47年)