滝川潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たきがわ じゅん
滝川 潤
生年月日 1936年12月
出生地 日本の旗 日本東京府
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
特別機動捜査隊

滝川 潤(たきがわ じゅん、1936年12月[1][2] - )は、日本俳優

東京府(現・東京都)出身[1][2]京華商業高等学校卒業[2]

来歴・人物[編集]

生家は理髪店で、高校在学中に家業を継ぐために理容師免許を取るが、高校卒業後に俳優座養成所に第7期生として入所[2]。同期には藤岡重慶井川比佐志がおり、『特別機動捜査隊』出演中の1965年に藤岡は『事件記者 』(NHK)、井川は『刑事』(フジテレビ)に刑事役でレギュラー出演しており、当時の紹介記事の中で「それぞれ違う役柄ですが、やはり負けたくありません」と述べている[1]

養成所を卒業した1959年、第5期東映ニューフェイスに合格して芸能界デビュー[1][2]

映画『故郷は緑なりき』(1961年)などで悪役として出演したのち、1963年より刑事ドラマ特別機動捜査隊』(NET)に若井田刑事役でレギュラー出演[1][2]。番組では劇中でパトカーとして使用されたセドリックの運転を任せられることが多く、1968年の紹介記事では「セドリックを運転できるのは嬉しいです。運転面で、刑事役の至らない部分をカバーしようと一生懸命です」と述べている[2]

同作品の降板後は、刑事ドラマや時代劇で、主に悪役として活動した。

『特別機動捜査隊』で共演した北原隆高島新太郎松原光二と「フォア・ジャスメン」というユニットを結成しレコードデビューした時期もあった。

趣味は、ゴルフボウリング[1][2]

出演[編集]

映画[編集]

  • 埠頭の縄張り(1959年、東映
  • ふたりの休日(1959年、東映)
  • べらんめえ芸者(1959年、東映)
  • スピード狂時代 命を賭けて(1959年、東映)
  • 地獄の渡り者(1960年、東映)
  • おれたちの真昼(1960年、東映)
  • 少年漂流記(1960年、東映)
  • 続 少年漂流記(1960年、東映)
  • 十七歳の逆襲 暴力をぶっ潰せ(1960年、東映)
  • 生き抜いた十六年 最後の日本兵(1960年、東映)
  • 第三次世界大戦 四十一時間の恐怖(1960年、東映)
  • 不良少女(1960年、東映)
  • 殴り込み艦隊(1960年、東映)
  • 不敵なる脱出(1961年、ニュー東映
  • 若い涙を吹きとばせ(1961年、東映)
  • 無鉄砲社員(1961年、東映)
  • 大学武勇伝(1961年、ニュー東映)
  • 赤いネオンに霧が降る(1961年、ニュー東映)
  • わが生涯は火の如く(1961年、ニュー東映)
  • 故郷は緑なりき(1961年、ニュー東映)
  • 警視庁物語 十二人の刑事(1961年、ニュー東映)
  • 街(1961年、ニュー東映)
  • 残酷な月(1962年、東映)
  • 南太平洋波高し(1962年、東映)
  • 残酷な月(1962年、東映)
  • 東京アンタッチャブル(1963年、東映)
  • 第八空挺部隊 壮烈鬼隊長(1963年、東映)
  • 陸軍残虐物語(1963年、東映)
  • 囁きのジョー(1967年、松竹
  • 子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる(1972年、勝プロ / 東宝
  • 新兵隊やくざ火線(1972年、東宝、勝プロ)
  • 衝撃!売春都市(1974年、東映)
  • 動乱(1980年、東映)
  • 獣たちの熱い眠り(1981年、東映、徳間文庫
  • 誘拐報道(1982年、東映)

テレビドラマ[編集]

  • 特別機動捜査隊NET)(1963年‐1973年)‐ 岩井田刑事
  • 花のお江戸のすごい奴 第3話「子の刻に待て」(1969年、CX) - 伊勢崎数馬
  • プレイガール12ch
    • 第12話「女の裸は高くつく」(1969年)
    • 第146話「女の武器は熱い肌」(1972年) - 松尾
    • 第195話「聖しこの夜の暗殺者」(1972年)
    • 第228話「怪談 美女の亡霊が欲情に燃えた」 (1973年)
    • 第261話「トルコ風呂殺人事件」 (1974年)
  • 大忠臣蔵(1971年、NET) - 耳助
  • 仮面ライダー 第32話「人喰い花ドクダリアン」(1971年、MBS
  • 荒野の用心棒 第16話「烈風輸送隊に白馬が嘶いて…」(1973年、NET) - 小吉
  • 唖侍 鬼一法眼 第5話「流転のめぐり会い」(1973年、NTV) - 山口松蔵
  • 旗本退屈男 第5話「おらんだ坂の黒い霧」(1973年、NET)
  • アイフル大作戦 第51話「005宝石強盗団」(1974年、TBS
  • 右門捕物帖(1974年、NET)
    • 第18話「黒い炎」
    • 第34話「母恋地蔵」
  • 大江戸捜査網TX
    • 第137話「恐怖の脱出作戦」(1974年)
    • 第151話「死を呼んだ花火地獄」(1974年)
    • 第219話「渡世人 命の捨て場」(1975年)
    • 第261話「悲しき泥棒稼業」(1976年)
    • 第297話「危うし! 隠密同心」(1977年)
    • 第370話「汚名に賭けた目明し無情」(1978年)
    • 第393話「宿無し少年と女掏摸」(1979年)
    • 第439話「笑いを売る男の涙」(1980年)
    • 第452話「女の涙か 夏の嵐」(1980年)
    • 第461話「人情 男涙の恩返し」(1980年)
    • 第484話「大虐殺 砂金の陰謀」(1981年)
    • 第502話「幻を慕う女」(1981年)
    • 第552話「お白州無用! 孤独の暗殺者」(1982年) - 小宮山左門
    • 第565話「妖艶やわ肌刺青針」(1982年) - 勇次
    • 第606話「哀愁別れ唄 さざんかの宿」(1983年)
    • 第626話「悪夢に泣く少年の叫び!」(1983年)
  • 非情のライセンス 第2シリーズ 第53話「兇悪の無実」(1975年、NET) - 村川記者
  • Gメン'75(TBS)
    • 第18話「警察の中のギャング」(1975年)
    • 第31話「男と女のいる特急便」(1975年)
    • 第67話「部長刑事暗殺」(1977年)
    • 第105話「香港-マカオ 警官ギャング」(1977年)
    • 第116話「エクソシスト殺人事件」(1977年)
    • 第300話「盗まれた女たち」・第301話「盗まれた女たちPART2」(1981年)
  • 特捜最前線ANB
    • 第10話「母・その愛の標的」(1977年) - 刑事
    • 第176話「1980年夏・二人だけの暴走族!」(1980年)
    • 第241話「歳末パトロールで逢った女!」(1981年)
    • 第257話「母……」(1982年)
    • 第282話「ラッシュアワーの女!」(1982年)
    • 第322話「にっぽん縦断泥棒日記!」(1983年)
    • 第336話「銀色の爪の娘たち!」(1983年)
    • 第406話「スキャンダル・スクープ!」(1985年)
  • 快傑ズバット 第16話「殺しのぬれぎぬ 哀しみの健」・第17話「嘆きの妹 ふたりの健」(1977年、12ch) - 橋本刑事
  • 探偵物語 第17話「黒猫に罠を張れ」(1980年、NTV)
  • 騎馬奉行 第13話「湖底の黄金を探せ!」(KTV)
  • 西部警察(ANB)
    • 西部警察
      • 第51話「盗まれた青春」(1980年)
      • 第61話「暁の陽動作戦」(1980年)
      • 第78話「射殺」(1981年) - 水島
      • 第114話「FBI・指名手配」(1982年)
    • 西部警察PART-II 第3話「生命ある限り」(1982年)- 勝又
    • 西部警察 PART-III 第49話「激追!!地を走る3億ドル-大阪・神戸篇-」(1984年)
  • 長七郎天下ご免! 第62話「紅花・たそがれ親不孝」(1981年、ANB) - 原島
  • 時代劇スペシャル 新吾十番勝負 尾張六十一万石将軍吉宗への謀叛(1982年、CX)
  • 長七郎江戸日記 第53話「顔のない男」(1985年、NTV) - 半蔵
  • ウルトラマンティガ 第18話「ゴルザの逆襲」(1997年、MBS) - ミヤザワ局長

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『福島民報』1965年12月6日付朝刊、10面。
  2. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1968年5月23日付朝刊、7面。