滝平二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たきだいら じろう
滝平 二郎
生誕1921年4月1日
茨城県新治郡玉里村
死没 (2009-05-16) 2009年5月16日(88歳没)
国籍日本の旗 日本
職業版画家・きりえ作家・絵本画家
著名な実績絵本『八郎(福音館書店)』『花さき山(岩崎書店)』『モチモチの木(岩崎書店)』(すべて斎藤隆介・作)など多数

滝平 二郎(たきだいら じろう、1921年4月1日 - 2009年5月16日)は、日本の版画家・きりえ作家である。日本美術会委員、日本児童出版美術家連盟会員、日本きりえ協会代表委員。

来歴[編集]

[1]1921年 茨城県新治郡玉里村(現:小美玉市)に生まれる。実際には4月10生まれだが、父親が早く学校に入れたいために、4月1日と繰り上げて誕生日を届け出たため、入学が1年繰り上がった。

・1935年 県立石岡農学校(現:茨城県立石岡第一高等学校)在学中は風刺漫画に関心を寄せていたが、卒業後は木版画へと向かう。

・1938年 若林一男や高林宏一らと漫画研究同人展を開く、石岡農学校卒業

・1941年 徴兵検査で乙種合格

1942年 造形版画協会第6回展に初出品。

・1943年 豊橋第一陸軍予備士官学校入学。見習士官(少尉)として飛行第20戦隊(隼戦闘機部隊)に配属

・1944年 3月、大阪から、北海道沼ノ端へ戦隊移動 8月、沖縄本島読谷飛行場へ移動 兵員輸送係将校拝命

・1945年 米軍沖縄上陸、米軍の攻撃に沖縄本島北部へと逃れ、その後山中を彷徨、8月3日、食料を探しに村へ降りたところ捕虜となる。

・1946年 5月、復員。日本美術会に入る

・1948年 日本新版画懇話会が発足、メンバーとなる

1955年頃 東京都豊島区に移り住み、木版画制作のかたわら、装幀や挿画など本格的に出版美術の仕事を始める。

1968年 第6回国際版画ビエンナーレ展に招待出品。

1970年 第1回講談社出版文化賞ブックデザイン部門(『花さき山』)[2]

1970年から1977年にかけ朝日新聞日曜版に独自のきりえを連載。

1974年度モービル児童文化賞、

1987年第10回絵本にっぽん賞などの賞を受賞。児童文学作家・斎藤隆介との名コンビによる絵本作品は多くの世代に読み継がれている。


2009年5月16日、逝去。88歳没。

主な作品[編集]

自著[編集]

  • はだかの王さま 金の星社 1972
  • きりえの世界 河出書房新社 1972
  • 滝平二郎きりえ画集 1 - 7集 講談社 1972 - 78
  • 滝平二郎の世界 すばる書房 1975
  • 滝平二郎きりえの四季 1 - 8 講談社 1976 - 77
  • 里の四季 講談社文庫 1977
  • 滝平二郎版画集 河出書房新社 1977
  • 滝平二郎望郷篇 美術出版社 1979
  • 滝平二郎作品集 全15巻 岩崎書店 1984 - 85
  • 母のくれたお守り袋 随筆集 岩崎書店 1991
  • ふるさとの風と雲 滝平二郎画集 岩崎書店 1994

挿絵(斎藤隆介)[編集]

  • ベロ出しチョンマ 理論社 1967
  • 八郎 福音館書店 1967(日本傑作絵本シリーズ)
  • ゆき 講談社 1969
  • 三コ 福音館書店 1969
  • 花さき山 岩崎書店 1969(日ものがたり絵本)
  • 立ってみなさい 新日本出版社 1969
  • ちょうちん屋のままッ子 理論社 1970
  • モチモチの木 岩崎書店 1971(日創作絵本)
  • 半日村 岩崎書店 1980
  • ソメコとオニ 岩崎書店 1987

挿絵(その他)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『滝平二郎望郷編』美術出版社、1979年10月1日。
  2. ^ 講談社出版文化賞 【ブックデザイン賞】 (過去の受賞者一覧)、講談社、2009年10月5日確認。