滝沢昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

滝沢 昌彦(たきざわ まさひこ、1959年[1] - )は、日本法学者。専門は民法で、研究テーマは法律行為契約法一橋大学大学院法学研究科教授、博士(法学)

人物・経歴[編集]

一橋大学法学部在学中の1982年に旧司法試験に合格。1983年に大学を卒業し、最高裁判所司法研修所司法修習生となる。1985年一橋大学法学部助手。助手時代は好美清光に師事。同専任講師等を経て、1999年一橋大学大学院法学研究科教授。助手着任以来、一貫して契約等の法律行為を研究テーマとし、2007年には、『契約成立プロセスの研究』により、一橋大学博士(法学)の学位を取得。2015年法科大学院[2][3][4]。この間、日本私法学会理事[5][6]総務省自治大学校講師、消費者庁消費者教育に関する研究会委員長[7]、法科大学院協会理事等も務めた[8]

著書[編集]

  • 『契約成立プロセスの研究』有斐閣 2003年
  • 『信託取引と民法法理』(道垣内弘人,‎大村敦志と共編著)有斐閣 2003年
  • 『民法がわかる民法総則』弘文堂 2005年
  • 『ケースではじめる民法』(山野目章夫,野澤正充,松尾弘,水野謙と共著)弘文堂 2005年
  • 『はじめての契約法』(笠井修,鹿野菜穂子,野澤正充と共著)有斐閣 2006年
  • 『ハイブリッド民法 (4) 債権各論』(武川幸嗣,花本広志,執行秀幸,岡林伸幸と共著)法律文化社 2007年
  • 『民法がわかる民法総則(第2版)』弘文堂 2008年
  • 松本恒雄先生還暦記念 民事法の現代的課題』(小野秀誠,小粥太郎,‎角田美穂子と共編著)商事法務 2012年
  • 『民法がわかる民法総則(第3版)』弘文堂 2015年
  • 『民事責任の法理―円谷峻先生古稀祝賀論文集』(松尾弘,北居功,工藤祐巌,中村肇,住田英穂,本山敦,武川幸嗣と共編著)成文堂 2015年
  • 『プロセス講義 民法Ⅲ担保物件』(後藤巻則,片山直也と共編著)信山社 2015年
  • 『プロセス講義 民法Ⅳ債権1』(後藤巻則,片山直也と共編著)信山社 2016年
  • 『プロセス講義 民法Ⅴ債権2』(後藤巻則,片山直也と共編著)信山社 2016年
  • 『プロセス講義 民法Ⅵ家族』(後藤巻則,片山直也共編著)信山社 2016年

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴 」『ケースではじめる民法』
  2. ^ 「滝沢 昌彦(タキザワ マサヒコ)」一橋大学
  3. ^ 竹下守夫「法学部研究教育活動報告(第二回) (1988年度・1989年度)」一橋大学研究年報. 法学研究
  4. ^ 「講義・演習概要(シラバス) 」総務省自治大学校
  5. ^ 「滝沢 昌彦」researchmap
  6. ^ 「役員一覧」日本私法学会
  7. ^ 「消費者教育に関する研究会」消費者庁
  8. ^ [1]法科大学院協会