滝浦静雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

滝浦 静雄(たきうら しずお、1927年1月19日 - 2011年6月14日[1])は、日本哲学者東北大学名誉教授。

人物[編集]

岩手県出身。東北大学文学部哲学科卒業。岩手大学助教授、1971年東北大学教授。1989年定年退官、名誉教授。岩手県立大学盛岡短期大学部学長。2005年秋、瑞宝中綬章受勲。

フランス及びイギリスの哲学を研究、メルロ=ポンティの翻訳を多く行った。

2011年6月14日、胃癌のため仙台市の病院で死去。84歳没[1]

著書[編集]

  • 『想像の現象学』1972年 (紀伊国屋新書)
  • 『時間 その哲学的考察』1976年 岩波新書
  • 『言語と身体』1978年 (岩波現代選書)
  • ウィトゲンシュタイン岩波書店(20世紀思想家文庫) 1983
  • 『哲学の再構築』(編)南窓社 1987年
  • 『メタファーの現象学』世界書院 1988年
  • 『「自分」と「他人」をどうみるか 新しい哲学入門』日本放送出版協会(NHKブックス) 1993
  • 『道徳の経験 カントからの離陸』南窓社 2004年

翻訳[編集]

  • メルロ=ポンティ『行動の構造』木田元共訳 みすず書房 1964年
  • メルロ=ポンティ『眼と精神』木田元共訳 みすず書房 1966年
  • バロウズ・ダンハム『英雄と異端 反権力の思想史 第1』木村毅、明珍昭次訳 みすず書房 1968年-1977年
  • メルロ=ポンティ『弁証法の冒険』みすず書房 1972年
  • アラン・リチャードソン『心像』鬼沢貞共訳 紀伊国屋書店 1973年
  • レミ・C.クワント『メルロー=ポンティの現象学的哲学』竹本貞之,箱石匡行共訳 国文社 1976年
  • メルロ=ポンティ『世界の散文』木田元共訳 みすず書房 1979年5月
  • J.M.エディ『ことばと意味 言語の現象学』1980年 (岩波現代選書)
  • M.メルロ=ポンティ『心身の合一 マールブランシュとビランとベルグソンにおける』中村文郎,砂原陽一共訳 朝日出版社 1981年 のちちくま学芸文庫
  • メルロ=ポンティ『意味と無意味』みすず書房 1983年
  • ヘルムート・プレスナー『笑いと泣きの人間学』紀伊国屋書店 1984年
  • メルロ=ポンティ『見えるものと見えないもの』木田元共訳 みすず書房 1989年9月
  • ポール・リクール『意志的なものと非意志的なもの』全3巻 紀伊国屋書店 1993年-1995年
  • メルロ=ポンティ『人間の科学と現象学』木田元,竹内芳郎共訳 みすず書房 2001年
  • メルロ=ポンティ『哲学者とその影』木田元共訳 みすず書房 2001年 (メルロ=ポンティ・コレクション 2)
  • メルロ=ポンティ『幼児の対人関係』木田元共訳 みすず書房 2001年 (メルロ=ポンティ・コレクション 3)
  • メルロ=ポンティ『言語の現象学』木田元,竹内芳郎共訳 みすず書房 2002年 (メルロ=ポンティ・コレクション 5)

参考[編集]

  • 滝浦静雄先生略歴・研究歴 (滝浦静雄先生御退官記念号) 「思索」1989年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:滝浦静雄氏死去(東北大名誉教授・哲学)