滝澤行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
滝澤行雄
生誕 (1932-12-08) 1932年12月8日(84歳)
日本の旗 日本 長野県
研究分野 公衆衛生
研究機関 秋田大学医学部金沢大学医学部
出身校 新潟大学医学部
プロジェクト:人物伝

滝澤 行雄(たきざわ ゆきお、1932年12月8日[1] - )は、日本医学者医師秋田大学名誉教授。

略歴・人物[編集]

1932年(昭和7年)長野県塩尻市生まれ。1951年(昭和26年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[2]1957年(昭和32年)新潟大学医学部医学研究科卒業。専攻分野は公衆衛生。以降、新潟大学助教授、秋田大学教授、金沢大学放射線実験施設教授(併任)。国立水俣病総合研究センター所長、同センター顧問、UNEP環境影響評価パネル委員[3]水俣市助役を歴任。

現在、医療法人財団青葉会理事・老健ホスピア玉川施設長。要職にはOECD化学品セクター検討会委員、WHO有機水銀の健康影響に関する研究協力センター長を務め、UNEP環境影響パネル委員にある[4]

受賞歴[編集]

  • 1998年「日本酒大賞」
  • 2013年「石川記念基金奨励賞」(日本酒造組合中央会)

著書[編集]

  • 『1日2合日本酒いきいき健康法』(柏書房)
  • 『Osakeテラピーで健康になる本』(BABジャパン)
  • 『メタボとがんに効く魚のチカラ』(同時代社)
  • 『酒粕の凄い特効』(宙出版)
  • 『日本酒をまいにち飲んで健康になる』(キクロス出版)
  • 『悲しいマグロ~放射線と水銀問題を考える』(キクロス出版)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.374
  2. ^ 高校3回 三陵会 1951年(昭和26年)卒(松本県ヶ丘高校 母校愛のリレー)
  3. ^ 100人委員会コラムプロフィール
  4. ^ 『悲しいマグロ~放射線と水銀問題を考える』(キクロス出版)著者プロフィール