滝脇宏光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

滝脇 宏光(瀧脇、たきわき ひろみつ、1888年明治21年)12月13日[1] - 1964年昭和39年)2月22日[1][2])は、大正・昭和期の鉄道官僚実業家政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・古市[1]、旧名・強哉[3]

経歴[編集]

帝国大学工科大学学長・古市公威の四男として生まれ、子爵・滝脇信鑰の養子となる[1][3]。養父の隠居に伴い、1923年4月30日、子爵を襲爵[1][3][4]。宏光と改名した[3]

第七高等学校造士館を経て[5]1915年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[2][3][5]。同年、鉄道院に入り経理局属となる[5]1916年11月、文官高等試験行政科試験に合格[5]。以後、鉄道院書記、同副参事兼同総裁秘書、鉄道省事務官兼同大臣秘書官、鉄道省参事官、内閣総理大臣秘書官などを歴任[2]。その他、鉄道会議幹事、電化調査委員会委員、鉄道育英会評議員などを務めた[2]

実業界では、川越瓦斯社長、伊香保ケーブル鉄道社長、親和企業取締役、親和鉱業取締役、東亜産業開発取締役、東洋資源開発取締役などを務めた[2][3]

1925年7月、貴族院子爵議員に選出され[6]1932年7月まで在任[2]。また、1946年6月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[7]研究会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで通算2期在任した[2]

親族[編集]

  • 先妻:久(ひさ、田口義三郎二女)[1]
  • 後妻:あき(越石椎三郎五女)[1]
  • 養子:平人(南平次長男、孫、二女光の子)[1]
  • 二女:光(みつ、南平次夫人、離縁)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』下巻、31-32頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』47頁。
  3. ^ a b c d e f 『人事興信録』第14版 下、タ174頁。
  4. ^ 『官報』第3223号、大正12年5月1日。
  5. ^ a b c d 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、218頁。
  6. ^ 『官報』第3869号、大正14年7月16日。
  7. ^ 『官報』第5843号、昭和21年7月8日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
日本の爵位
先代:
滝脇信鑰
子爵
小島滝脇家第5代
1923年 - 1947年
次代:
華族制度廃止