漆山駅 (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
漆山駅
Urushiyama Sta.jpg
駅舎(2010年3月)
うるしやま
Urushiyama
南出羽 (1.3km)
(2.1km) 高擶
所在地 山形県山形市大字漆山
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 94.9km(福島起点)
電報略号 ウル
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
224人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1902年明治35年)11月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

漆山駅(うるしやまえき)は、山形県山形市大字漆山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線山形線)のである。

歴史[編集]

旧駅舎(2005年10月)

かつては、駅周辺にある住友大阪セメント山形サービスステーションや、昭和シェル石油山形油槽所(既に閉鎖)などへ続く専用線が駅から分岐していた。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。2番線が直線となる一線スルーの構造であり、「つばさ」は2番線を無停車で通過することができる。普通列車は駅舎側の1番線を優先して使用する。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 山形線 上り 山形福島方面[1]
下り 新庄方面[1]

乗車駅証明書発行機が設置されている。 山形新幹線の新庄延伸工事が開始されるまでは2番線のあるホームの駅舎とは反対側に3番線があり2面3線であった。また貨物列車の側線も有しており広い構内であった。

山形駅の管理下にある。2005年の無人化前は、みどりの窓口のない直営駅であった。 駅舎老朽化に伴い2009年3月20日まで改築工事が行われた[2]

旧駅舎は大きな木造平屋建てで、待合室と無人化されて閉じられたままの窓口があった。

利用状況[編集]

2004年度の乗車人員は、1日平均224人[3]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 243
2001 240
2002 246
2003 227
2004 224

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形線(奥羽本線)
南出羽駅 - 漆山駅 - 高擶駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時刻表 漆山駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月17日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ 『山形県の鉄道輸送』平成26年度版 - 山形県

関連項目[編集]