漢化政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

漢化政策(かんかせいさく)とは、北魏孝文帝が推し進めた政策。または、漢人が占領下の異民族に強制したり、あるいは中国を征服した異民族が漢人に憧れて、もしくは利便性から漢人に近づけるために、配下の異民族の習俗を漢人のものに合わせようとする政策を指す(主に須卜氏卜氏独孤氏劉氏是楼氏の高氏乙羽氏の侯氏など)。

台湾においては、清国高砂族などの原住民支配のため、税金、労役の軽減を条件に原住民に中国の言語を使わせ、漢化した者には漢人名と漢人の家系図を作って下賜し、漢民族意識を植え付けたとされる[1]

内容[編集]

  • 胡服、胡語、胡姓の禁止
鮮卑族の風俗・習慣・官制・儀礼を全て禁止。中国風に改めた。
北魏の国姓である拓跋氏を、元氏に改めた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 沈建徳『台湾常識』『台湾血統』など。