漣川郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京畿道 漣川郡
Korail Gyeongwon Line Sintan-ri Station2.JPG
位置
경기도 연천군.png
各種表記
ハングル: 연천군
漢字: 漣川郡
片仮名転写: ヨンチョン=グン
ローマ字転写 (RR): Yeoncheon-gun
統計
面積: 695.61 km2
総人口: 47,123(2006年1月1日現在) 人
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 2邑8面
行政区域分類コード: 31350
漣川郡の木: ナツメ
漣川郡の花: チョウセンレンギョウ
漣川郡の鳥: ハト
自治体公式サイト: 漣川郡
テンプレートを表示
漣川郡庁

漣川郡(ヨンチョンぐん)は大韓民国京畿道の北部にある郡である。郡の西部から北西部にかけて軍事境界線が通っている。

歴史[編集]

  • 1895年旧暦5月1日(新暦6月23日) - 漢城府漣川郡に改編。[1]
  • 1896年8月4日 - 京畿道漣川郡に改編。[2]
  • 1906年 - 江原道鉄原郡官仁面を編入。
  • 1914年
    • 2月25日 - 北面を中面に改称。[3]
    • 4月1日 - 郡面併合により、麻田郡積城郡朔寧郡の一部(郡内面・西面・南面・東面)・楊州郡の一部(嶺斤面)・長湍郡の一部(長新面の一部)が漣川郡に編入。漣川郡に以下の面が成立。[4](13面)
      • 官仁面・郡内面・中面・旺澄面・嵋山面・百鶴面・郡南面・積城面・南面・北面(旧朔寧郡郡内面)・西南面(旧朔寧郡西面・南面)・東面・嶺斤面
  • 1934年4月1日 - 東面・北面が合併して朔寧面が成立。(12面)
  • 1938年1月1日 - 郡内面が漣川面に改称。[5](12面)
  • 1941年 - 嶺斤面を全谷面に改称。(12面)
  • 1945年
    • 8月15日 - ソ連軍管理下に置かれる。ただし、南面・積城面および百鶴面・全谷面の各一部は米軍管理下に置かれる。(南4面、北10面)
    • 11月4日 - 米軍管理下の南面・百鶴面・積城面・全谷面が坡州郡に編入。漣川郡消滅。(10面)
      • 百鶴面・積城面・全谷面は坡州郡積城面に改編。
      • 1946年2月5日に南面は楊州郡に移管。
  • 1946年12月 - ソ連軍管理下の京畿道漣川郡漣川面・官仁面・中面・朔寧面・西南面・旺澄面・嵋山面・百鶴面・全谷面・郡南面と抱川郡(永平郡)青山面・蒼水面を江原道漣川郡として編成。(12面)
  • 1953年7月27日 - 朝鮮戦争の休戦により、朔寧面・西南面の大部分を除く全域を韓国政府が収復。(しかし、軍事境界線の民間人統制区域内の旺澄面高棧上里・高旺里・基谷里の各一部未収復、現は黄海北道長豊郡羅浮里の一部。)
  • 1954年11月17日 - 収復地区臨時行政措置法により、自治体としての漣川郡が復活。坡州郡の全谷面・百鶴面を返還。以下の8面で再出発。[6]
    • 漣川面・郡南面・官仁面・嵋山面(坡州郡積城面三和里を編入)・旺澄面(西南面の収復地区・長湍郡江上面[7][8] を編入)・中面(朔寧面の収復地区を編入)・全谷面・百鶴面(長湍郡大江面・長道面の収復地区および長南面板浮里を編入)[9]
  • 1963年1月1日 - 行政区画の見直しが実施される。[10](9面)
    • 新西面(寅目面の収復地区を含む)を江原道鉄原郡から移管。
    • 長湍郡長南面が百鶴面に編入。
    • 坡州郡積城面訥木里が全谷面に編入。
  • 1965年5月1日 - 百鶴面元堂出張所(旧長湍郡長南面の区域を管轄)を設置。[11]
  • 1979年5月1日 - 漣川面が漣川邑に昇格。[12](1邑8面)
  • 1983年2月15日 - 行政区画の見直し。(1邑8面)[13]
    • 官仁面が抱川郡に移管。
    • 抱川郡青山面の一部を編入し、漣川郡青山面を設置。
  • 1985年10月1日 - 全谷面が全谷邑に昇格。[14](2邑7面)
  • 1987年1月1日 - 嵋山面石墻里が百鶴面に編入。[15](2邑7面)
  • 1989年
    • 1月1日 - 抱川郡官仁面釜谷里が漣川邑に編入。[16](2邑7面)
    • 4月1日 - 百鶴面元堂出張所が長南面として昇格・復活。[17](2邑8面)

行政[編集]

行政区域[編集]

邑・面 法定里
漣川邑 車灘里、玄加里、上里、瓦草里、玉山里、邑内里、東幕里、通峴里、古文里、釜谷里
全谷邑 全谷里、隠垈里、薪畓里、高陵里、馬浦里、両遠里、干坡里、訥木里
中面 三串里、横山里、中沙里、赤巨里、馬巨里、合水里、笛音里、辰谷里、魚積山里、積洞山里、陶淵里
旺澄面 無等里、芦洞里、北三里、江内里、江西里、東中里、高旺里、高桟上里、高桟下里、基谷里、鵲洞里、臨江里、伍炭里、貴存里、古荘里、獐鶴里、佳川里、冷井里
嵋山面 東梨里、峨嵋里、栢石里、柳村里、広洞里、麻田里、牛井里、三和里
百鶴面 斗日里、百嶺里、通口里、箭洞里、芦谷里、鶴谷里、九尾里、頭峴里、葛峴里、浦春里、項洞里、石柱院里、上里、中里、下里、梧陰里、沙是里、梅峴里、古邑里、杜梅里、石墻里
長南面 元堂里、自作里、板浮里、伴程里、高浪浦里
郡南面 進祥里、玉渓里、三巨里、旺林里、仙谷里、黄地里、楠渓里
新西面 大光里、道新里、内山里、馬田里、畓谷里、承陽里、道密里、葛峴里、徳山里、新峴里
青山面 哨城里、大田里、長灘里、宮坪里、白蟻里

警察[編集]

消防[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

(すべて公立)

  • 漣川高等学校(へき地校:休戦ラインに接した地域ラ級)
  • 全谷高等学校

交通[編集]

鉄道[編集]

名所・観光スポット[編集]

  • キムチ村 - 青山面哨城里に2008年9月に開設。キムチ体験テーマパーク、キムチ博物館、多目的体験場、低音貯蔵庫などを備える[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 勅令第98号 地方制度改正件(1895年旧暦5月26日)
  2. ^ 勅令第36号 地方制度官制改正件(1896年8月4日)
  3. ^ 抱川郡外4郡面併合に関する件
  4. ^ 朝鮮総督府令第111号(1913年12月29日
  5. ^ 군청소재 면명을 군명에 따라 개정 동아일보, 1937.12.16.
  6. ^ 法律第350号 수복지구임시행정조치법(1954年10月21日
  7. ^ 장단군 강상면은 면 전체가 군사분계선 북서쪽의 미수복지구임을 간과한 입법임.(出典: 한국 전쟁 휴전협정 첨부 지도 7쪽6쪽, 2017년 8월 9일 확인.)
  8. ^ 장단군 지도 (1945년 8월 15일) アーカイブ 2016年3月17日 - ウェイバックマシン 민족문화대백과, 2017년 7월 14일 확인.
  9. ^ 朔寧面・西南面および長湍郡から編入された部分はすべて非武装地帯になっている。
  10. ^ 法律第1178号 수복지구와동인접지구의행정구역에관한임시조치법(1962年11月21日
  11. ^ 郡条例第111号(1965年4月30日
  12. ^ 大統領令第9409号 미금읍등53개읍설치에관한규정(1979年4月7日
  13. ^ 大統領令第11027号 시·군·구·읍·면의관할구역변경및면설치등에관한규정(1983年1月10日
    大統領令第11027号
    旧行政区域 新行政区域
    官仁面 抱川郡官仁面
    抱川郡青山面哨城里、大田里、長灘里、宮坪里、白蟻里 漣川郡青山面
    抱川郡青山面三政里、葛月里、琴洞里、徳屯里 抱川郡新北面の一部
  14. ^ 大統領令第11772号 경기도양주군회천읍등읍설치와읍의관할구역변경에관한규정(1985年9月26日
  15. ^ 大統領令第12007号
  16. ^ 大統領令第12557号
  17. ^ 郡条例第2026号(1989年3月30日

関連項目[編集]