漫才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

漫才(まんざい)は、2人ないしそれ以上の複数人[1]による寄席演芸の一種目。通常はコンビを組んだ2人によるこっけいな掛け合い、言い合いで客を笑わすものを言う[2]平安時代以来の伝統芸能萬歳」から発展したもので、もとは鼓などを持ち唄などを交えるのが一般的であった[2]。今日では音曲を交えるものから社会風刺まで多岐にわたり、寄席だけでなく映画・テレビ・ラジオなど多くの媒体で人気を博している[2]

概要[編集]

古典芸能であった萬歳(まんざい)が、上方(京都および大阪)の寄席において、江戸時代から昭和時代にかけて独自に発展したものである。昭和初期にスタイルが成立した、滑稽な会話の妙などで笑わせる「しゃべくり漫才」の登場以来、放送コンテンツとして全国的に広まり、現代における笑芸の主流のひとつとなっている。現代では一般的に、単に「漫才」というと、この「しゃべくり漫才」のことを指すが、しゃべくり漫才の登場までは音曲を用いたネタが主流だった(後述)。

上方の漫才を特に上方漫才(かみがたまんざい)という。

漫才を行う者は一般的に「漫才師」と呼ばれるが、所得税法施行令では「漫才家」の表記が使われている[3]

基本形式と構成[編集]

漫才は基本的に、演者が「演者自身」として発話し、その会話の流れによって観客の笑いを呼び起こそうとする演芸であり、その点で、何らかの役柄や舞台設定を、扮装や簡単なセットによって提示するコントとは異なる[4]

2人で演じられることが多いが、3人や4人の例もある。人数の上限について、漫才作家の相羽秋夫は「五、六人ぐらいが妥当ではないでしょうか[1]」としている。

シンプルな会話体を基本とすることから、演者の個性に合わせ、音曲、踊り、物真似など、ネタ中に「何をやっても許される[1]」自由な演芸形式となっている。日常生活、流行文化、政治経済など幅広い題材を扱うことが可能で、時流に合わせてネタを細かく、また大きく変化させることができる。

ボケとツッコミ[編集]

漫才は基本的に「ボケ」と「ツッコミ」という2つの役割で成り立っている。それぞれ古典萬歳の「才蔵」と「太夫」に由来する[5]

「ボケ」は、冗談を言う、話題の中に明らかな間違いや勘違いなどを織り込む、笑いを誘う所作を行う、などの言動によって、観客の笑いを誘うことが期待される役割である。ボケは、もともととぼけ役と呼称されていた。芸席において紹介のつど「つっこみ(役)・とぼけ(役)」と称されていたことが、のちに「つっこみ・とぼけ」→「つっこみと、ぼけ」のように転じた。[要出典]

「ツッコミ」は、ボケの間違いを要所で指摘し、観客に笑いどころを提示する役割である。明治・大正の一時期には「シン」と呼称した[6]。ツッコミは、口頭で指摘するほかに、ボケの体のどこかを、平手・手の甲・小道具などで叩く(ドツキ)、または足で蹴ることでそれに代える場合がある。秋田實の論文[要出典]によれば、玉子屋円辰が『曽我物語』を歌った際の、代役の太鼓たたきとのやり取りがツッコミの始まりという。

ボケ・ツッコミの役割分担は必ずしも固定的ではなく、流れによってボケとツッコミが自然に入れ替わる展開を用いるコンビもある[5]。例えば、ボケ役の冗談に対し、ツッコミ役がツッコまずに「ノる」、つまりボケに一時的に同調し、ある程度ノッた後にツッコミを入れてオチを付ける芸(ノリツッコミ)などである。このため、ボケとツッコミは「役柄」というよりは、やり取りのさまを概念化したものと考えるのが妥当である。

トリオ漫才(役割が固定された場合)においては、ボケ2人・ツッコミ1人の比率が主流である。ネタの役割分担によって、フリ(後述)にあたる小さいボケを「小ボケ」、オチに至る大きいボケをする者を「大ボケ」、と区別することもある。

フリ[編集]

上記の役割と兼ねて、「筋フリ[7]」または「フリ」という、ネタの構成を進行・展開・転換する役割を、メンバーのいずれかが担わなければならない。『大辞泉』の「ツッコミ」の項は「漫才で、ぼけに対して、主に話の筋を進める役」としており、ツッコミがフリを担う、と定義しているが、ボケがフリを担当するコンビも少なくない。

ボケ・ツッコミが固定したコンビを仮定した場合、ツッコミが進行するコンビ、ボケが進行するコンビ、ボケ・ツッコミ双方が進行するコンビの3種が考えうる。

漫才のスタイル[編集]

前田勇は自著において、漫才を、以下の4類10種に分類した[8]。漫才師の芸およびネタは、これら10種の要素を、どれかひとつ特化させているか、または組み合わせている。

コント漫才[編集]

平成以降多く見られるようになった型で、ボケ、ツッコミ共に、衣装や立ち位置もそのままで設定した役になりきり、ボケとツッコミの応酬をする漫才を、コント漫才と呼ぶ。片方のみが役になりきる場合や、同じシチュエーションを反復して、独特のテンポを出す場合も多くみられる。コントより数多くのボケを入れることができ、セットや扮装がないことを逆手に取ったボケができるのが特徴である。

しゃべくり漫才のネタをコント漫才として流用する場合や、コントを行うコンビが、コントのネタをコント漫才として演じる場合もある。

歴史[編集]

正月の祝賀会で萬歳を披露する2人組を描いた19世紀日本画(作者不明)。

平安時代以来祭礼における派遣(予祝芸能)や家々を回る門付の芸能であった萬歳は、18世紀前半の上方で小屋掛けの芸として演じられるようになり[19]、18世紀末(天明期)には生國魂神社八坂神社に常設の小屋が開設されるに至った。この小屋芸としての萬歳は宮中における奉納などのための形式(御殿萬歳・宮中萬歳)とは異なり、2人組による滑稽な会話による笑芸で、大阪俄の前座における軽口(かるくち。掛け合い、掛け合い噺とも)と重なりがあった[20]

この萬歳小屋は、その軽口や、落語の台頭のために廃れた[19]が、幕末期になり、萬歳は新たな寄席芸として息を吹き返す。これは尾張萬歳三河萬歳の影響を直接的に受けた「三曲萬歳(さんぎょくまんざい)」と呼ばれる形式で、胡弓三味線という3種の楽器を持った多数の萬歳師が、小咄の掛け合い、言葉遊び数え歌などの合間に、音曲でにぎやかにはやし立てるものである。ひとつの流れを持った会話劇というよりは、現代における大喜利に似たものであった[21]。この三曲萬歳はほとんど必ず「アイナラエ」という合いの手を入れる『奥田節』の演奏・歌唱で締めくくられる[21]ため、この時期の形式自体を「アイナラエ」と呼称する場合がある。また、御殿萬歳などが片膝立てで行われたのに対し、三曲萬歳は立った状態で演じられたので「立ち萬歳」とも呼ばれた。この形式で人気を取った人物に初代および2代目の嵐伊六がいる[22]

なお明治初期に成立した、浪曲師と曲師の2人1組による演芸形式である浪曲も、萬歳や軽口と相互に影響し合った。このように「2人組以上を基本とした滑稽な音曲としゃべくり」による演芸形式が上方で定着していく。

明治末期、河内音頭江州音頭などの音頭取り芸人であった玉子屋円辰が、これまでの興行萬歳よりも音楽性の強い、歌舞音曲の合間に滑稽なしゃべくりを挟む、という形式で人気をとり、萬歳との差別化を強調するため看板などに「万才(まんざい)」の表記を用いた[23]。円辰の人気を受け、音頭取りや俄の芸人が多く万才に転じたほか、「女道楽」などの音曲師がこれまでの芸を変えずに「万才」を標榜した[24]ことで、万才の持つスタイルに多様性が生まれた。この時期の形式を昭和中期まで伝えたコンビに砂川捨丸・中村春代がいる。なお、この時期を含め、長らく上方の寄席演芸は落語が中心であり、万才師の多くは端席と呼ばれる廉価な寄席にしか出演機会がなく、またそのような寄席でも、音頭、浪曲、義太夫などの主要プログラムに対し、添え物的な立場に置かれていた。

東京では、上方出身の日本チャップリン・梅廼家ウグイスが1917年(大正6年)に初めて万才を演じた同年に、東京出身の玉子屋円太郎・玉奴(のちの荒川清丸・玉奴)がデビューしている。なお、香盤表やプログラムでは「万才」ではなく「掛け合い」と表記されていたという[25]

1930年(昭和5年)、吉本興行部(吉本興業の前身)所属のコンビ「横山エンタツ花菱アチャコ」が、従来和装であった萬歳師・万才師と異なり、背広を身に着け、長らく萬歳・万才の音曲の「つなぎ」扱いであったしゃべくりだけで高座をつとめる、画期的な「しゃべくり漫才」スタイルを創始し、絶大な人気を博した[26]。しゃべくり漫才はこれまでの萬歳・万才よりも多く笑いを企図したことが特徴で、エンタツ・アチャコ以降、彼らに追随する多くのコンビが結成されたほか、ラジオ放送のコンテンツとして全国的な認知を得て、多くのスター漫才師が生まれた。発表の場の増加と広がりに合わせ、秋田實など、専業の漫才作家が活動を開始するようになった。やがて漫才は主に「しゃべくり漫才」を指す語となり、これまでの漫才は少数派となり、「音曲漫才」というレトロニムと化した。

同時期の東京では、柳家金語楼がエンタツ・アチャコに触発されて、弟子の柳家梧楼と柳家緑朗に高座で掛け合いを演じさせた。両者はのちにリーガル千太・万吉を名乗り、1935年(昭和10年)には他の約80組のコンビとともに「帝都漫才組合」を設立した。

第二次世界大戦終結後、漫才師の何人かが戦死・病死・消息不明に見舞われたり、劇場やプロダクションの運営が停止する(例として、吉本は映画館運営会社へ一時転身した)など、演芸のための人的・物的リソースが不足する中、松鶴家団之助による自主マネージメント会社「団之助芸能社」の立ち上げや、秋田實による若手の研究会「MZ研進会」発足など、漫才の復興に向けた動きがなされた。やがて演芸プロダクションや劇場運営会社が次々と再興し、多くの芸人がいずれかに所属するようになる。

民間放送の開始やテレビ放送の隆盛にともない、上方・東京双方で多くの漫才師がテレビ番組を通じて芸を披露し、人気スターとなった[27]。また、1966年(昭和41年)の「上方漫才大賞」を皮切りに、放送局主催による漫才コンクールの創設が相次いだ。1980年(昭和55年)に相次いで開始された、東西の若手漫才師を紹介する全国ネットのテレビ番組『激突!漫才新幹線』(関西テレビ製作・フジテレビ系列)および『THE MANZAI』(フジテレビ系列)が当時の若者を中心に話題を呼び、「漫才ブーム」と呼ばれる社会現象となった。それぞれの番組に出演した漫才師たちは人気タレントとなり、司会者、歌手、俳優などとしても第一線で活動した。

2001年(平成13年)、かつての「漫才ブーム」の当事者であった島田紳助(元島田紳助・松本竜介)の発案により、新たな漫才コンテスト「M-1グランプリ」が創設された。プロ・アマ不問で、破格の賞金が設定され、決勝が全国ネットのテレビ番組で生中継される「M-1」の「1ネタあたりの制限時間」の規定は、漫才のスタイル自体を大きく変えたとされ、2008年の優勝者であるNON STYLE石田明は「僕らの時代は、10分用のネタをM-1用に半分以上に削っていた。もしくは、まったく別につくっていました。でも今の若手は10分の出番だったら5分のネタを2本やるのが当たり前になっています。『もうええわ』って1本目を締めて、『そんなことよりな』って2本目のネタに入る。5分ネタなら無駄を削って4分にするのは簡単ですから。これは完全にM-1の影響だと思います」と語っている[28]

2020年(令和2年)、西川きよし(元横山やすし・西川きよし)が漫才師初の文化功労者に選出された[29]

呼称・表記の変化について[編集]

前述のとおり、現代の呼称である「漫才」に至るまでは、「萬歳」「万才」の表記が基本的に昭和初期まで用いられた。1933年(昭和8年)1月、吉本興業に新設された宣伝部が発行した『吉本演藝通信』の中で、萬歳・万才の宣伝媒体や劇場の看板等における表記を「漫才」と改称することが宣言され、これまでの萬歳・万才との違いを強調した。なお、1932年(昭和7年)3月時点ですでに、吉本興行部が「吉本興業合名会社」に改組された際の社内資料に、「漫才」の表記が営業品目として使われている[30]

この表記変更に至る経緯や、考案者については諸説がある。

  • 吉本興業は、エンタツ・アチャコによる「新しい万才」の呼び方を一般公募した(エンタツ・アチャコ自身は結成当初「二人漫談」と称していた[31])。「滑稽コント」「ユーモア万歳」「モダン万歳」「ニコニコ問答」などの案が集まったが、文芸部長(のちの社長)で、宣伝部門統括者の橋本鐵彦がどれにも納得できず、自ら、漢字表記だけを変えた「漫才」という呼称を考案したという[32]。なお、橋本の吉本入社は吉本興業への改組後であり、上記の資料と矛盾が生じる。
    • 「漫」の字については、漫画にちなんだ説[26]と、漫談にちなんだ説[31]とがある。
  • 「漫才」の名付け親は橋本ではなく、当時同社の総支配人だった林正之助であるとする説もある。正之助は橋本が吉本を去ったのち、「わしが考案した」「わしが橋本に提案した」と発言している[30]
    • なお、林の没後、澤田隆治が橋本に「漫才」の名付け親が林であるかどうか尋ねたところ、橋本は「あの方がそういわれるのだったら、そうでしょう」と回答したことから、澤田は「歴史は権力者のものなのだということを知らされた思いがした」「林正之助さんぐらい思いっきり長生きすると、まわりに反論する人が誰もいないから、なんでも自分がやったことになる」と述べ、疑義を示している[33]。長らく吉本新喜劇や文芸部でエンタツ・アチャコと接してきた竹本浩三も正之助説を否定している[30]
  • 小島貞二は橋本説をとりつつ、「漫才」の表記が広まり、定着したきっかけを、1934年(昭和9年)4月25日から3日間、東京・新橋演舞場で開催された「特選漫才大会」の宣伝物や紹介記事としている。当時東京吉本の責任者だった林弘高が小島に語ったところによると、弘高が演芸愛好家である作家の長谷川伸の相談をあおぎ、同興行の開催をきっかけに表記の本格的な統一を決めたとしている[31]

当初、「漫才」の表記には花月亭九里丸など芸人の間で批判があった[32]

類似の芸[編集]

「漫才ブーム」の当事者であった「ツービート」のビートたけしは、しゃべくり漫才の直接的なルーツはアメリカ合衆国の話芸・ダブルアクト英語版にあるとしている。

アメリカのほか、ドイツ韓国中国などの国々にも似たような2人組の話芸があって、日本の漫才のようにボケ、ツッコミが見られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 相羽秋夫『上方漫才入門』(弘文出版、1995年)p.10「漫才とはどんな芸でしょう」
  2. ^ a b c 漫才とは” (日本語). コトバンク. 2020年12月21日閲覧。
  3. ^ 法令集の散策 - 参議院法制局
  4. ^ 『上方漫才入門』p.11「漫才とコントは違います」
  5. ^ a b 『上方漫才入門』p.12「ボケとツッコミの二役で成り立っています」
  6. ^ 前田勇『上方まんざい八百年史』(杉本書店、1975年)p.162
  7. ^ 『上方漫才入門』p.13「筋ふりとはどんな役でしょう」
  8. ^ 『上方まんざい八百年史』pp.198-203「漫才の種類とその本質」
  9. ^ 『上方漫才入門』p.38「俗曲漫才」
  10. ^ 『上方漫才入門』p.39「語りもの漫才」
  11. ^ 『上方漫才入門』p.40「歌謡漫才」
  12. ^ 『上方漫才入門』p.41「曲弾き漫才」
  13. ^ 『上方漫才入門』p.42「踊り漫才」
  14. ^ 『上方漫才入門』p.43「寸劇漫才」
  15. ^ 『上方漫才入門』p.44「身振り漫才」
  16. ^ 『上方漫才入門』p.45「仮装漫才」
  17. ^ 『上方漫才入門』p.46「掛け合い漫才」
  18. ^ 『上方漫才入門』p.47「ぼやき漫才」
  19. ^ a b 『上方まんざい八百年史』pp.111-117「常打ち万歳、興行さる」
  20. ^ 小島貞二『漫才世相史 改訂新版』 毎日新聞社、1978年 pp.50-53「ここらで編笠まわそうか」
  21. ^ a b 『上方漫才入門』pp.20-21「御殿漫才と三曲萬歳」
  22. ^ 漫才の歴史:演芸へと移行する万歳 文化デジタルライブラリー
  23. ^ 『上方漫才入門』pp.22-23「万才の時代」
  24. ^ 『上方まんざい八百年史』p.167
  25. ^ 『漫才世相史 改訂新版』pp.130-133「震災以前の万才」
  26. ^ a b 『上方漫才入門』pp.24-25「漫才の時代」
  27. ^ 漫才の歴史:テレビとともに時流へ 文化デジタルライブラリー
  28. ^ ノンスタ石田が語る漫才と競技化(1)「M-1の影響でネタ作りが変わった」
  29. ^ 令和2年度 文化功労者 文部科学省
  30. ^ a b c 澤田隆治『上方芸能・笑いの放送史』(日本放送出版協会1994年(平成6年))pp.30-33
  31. ^ a b c 『漫才世相史 改訂新版』pp.112-114「『漫才』に統一」
  32. ^ a b 『わらわし隊の記録』(早坂隆著、中公文庫2010年(平成22年))pp.90 - 91
  33. ^ 澤田隆治『決定版上方芸能列伝』(筑摩書房、2007年)p.235

関連項目[編集]