潘賢妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

賢妃潘氏(けんひ はんし、? - 1148年)は、南宋高宗の妃嬪。

生涯[編集]

開封の人。医師の潘永寿の娘。初め、康王趙構(のちの高宗)の側女を務めた。

靖康の変の際に、潘氏は側室の身分ではなかったため、軍の連行を免れ、戦火を逃れて避難した。靖康2年(1127年)5月、高宗が即位すると、皇后に立てようとも考えられたが、呂好問の諫言のため沙汰やみとなり、賢妃となった。翌月、商丘趙旉(元懿太子)を産んだ。

太子の薨去後、潘賢妃は元祐太后を奉仕することを理由に退かされた。後年、皇宮に召還された。紹興18年(1148年)、薨去した。

伝記資料[編集]

  • 宋史
  • 『靖康稗史箋證』
  • 『三朝北盟会編』
  • 『宋史記事本末』