潤野炭鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

潤野炭鉱(うるのたんこう)は、福岡県嘉穂郡鎮西村(現・飯塚市)に、かつて存在した炭鉱

歴史[編集]

1883年明治16年)、帆足義方によって採掘が始まる[1]1886年明治19年)、大阪市の商家「加島屋」の広岡信五郎が買収した[1]

当初は落盤事故などが相次ぎ経営は赤字であったが、鉱脈の発見や運営の改善により、1897年(明治30年)以降は出炭量を大きく伸ばし、優良な炭鉱に変貌した[2]。加島屋は三井物産との取引で中国上海に向けた石炭輸出事業を開始。三井物産の総帥、益田孝に宛てた広岡信五郎の妻・広岡浅子の書状が現存している(三井文庫所蔵)。

1899年(明治32年)、建設中の官営八幡製鉄所への石炭供給源として国に売却され、官営製鉄所二瀬炭鉱となる[2][3]。八幡製鉄所は1934年に日本製鐵となり、さらに1939年に鉱山部門を日鉄鉱業として独立させ、同社の二瀬鉱業所に属する炭鉱となった。1961年(昭和36年)に閉山[4]

潤野本鉱跡地は現在、福岡県立嘉穂高等学校・附属中学校などとなっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 広岡浅子と明治時代の筑豊炭鉱 (PDF) - 飯塚市歴史資料館
  2. ^ a b 浅子、潤野炭鉱へ - 大同生命(広岡浅子の生涯)
  3. ^ a b 遠き日の製鉄 二瀬炭坑 - 合資会社アソシエ
  4. ^ 殉職者の慰霊碑 女性名、同姓に胸つまる - 産経新聞2015年5月29日(「九転十起の女 (25)」)