潮出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
潮出版社
Ushio Publishing (head office).jpg
正式名称 株式会社潮出版社
現況 事業継続中
市場情報 非上場
出版者記号 267
取次コード 0516
法人番号 4010001011388 ウィキデータを編集
設立日 1960年昭和35年)7月5日
代表者 代表取締役社長:南晋三
本社郵便番号 〒102-8110
本社所在地 東京都千代田区一番町6一番町SQUARE
資本金 1600万円
従業員数 46名
ネット販売 自社サイト
オンライン書店
定期刊行物
pumpkin(パンプキン)
得意ジャンル 一般書籍
漫画
外部リンク http://www.usio.co.jp/ (日本語)
Twitter https://twitter.com/ushiopub102
テンプレートを表示

株式会社潮出版社(うしおしゅっぱんしゃ)は、宗教団体創価学会系の出版社1960年昭和35年)7月2日創業。

概要[編集]

創価学会系の出版社。社団法人日本雑誌協会に加入している。

現在は総合月刊誌「潮」の刊行がメインで、列車内の中吊り広告なども積極的に行っている。その一方で、文芸では沼正三『ある夢想家の手帖から』、政治学ではモーリス・デュベルジェ『政党社会学』、また、横山光輝版『三国志』に代表される「歴史マンガ」など、それぞれの分野で高い評価を受ける作品も出版している。

非学会員であった横山や手塚治虫らが「コミックトム」などの漫画誌に連載していたように、聖教新聞社の発行紙誌とは異なり、出版物の執筆者やインタビュー(インタビュー対象者)らは創価学会会員とは限らず、むしろ非会員を対象としている。また、記事の内容も布教や広報宣伝(広宣)目的ばかりではない。この傾向は第三文明社も同様で、創価学会内の位置づけは潮出版社=文芸誌出版社、第三文明社=一般誌出版社と考えられる。

とはいえ、創価学会のプロパガンダ媒体であることに変わりはなく、創価学会批判を繰り広げる週刊新潮新潮社)などを、誌上で批判することも多い。また、月刊「潮」では、池田大作(創価学会名誉会長兼SGI会長)とミハイル・ゴルバチョフ(元ソ連共産党書記長)ら海外著名人の対談がレギュラー企画として設けられていた。

桑原武夫学芸賞を主催していたが、2012年で終了した。

文庫本レーベルは潮文庫。長らく休止していたが、潮出版社から文芸単行本として出していた古川智映子(創価学会芸術部員)の『小説 土佐堀川』[1]が、2015年下半期の連続テレビ小説あさが来た』の原案に選ばれた事からレーベルが復活した。

漫画月刊誌は、時代順に『希望の友』『少年ワールド』『コミックトム』『コミックトムプラス』と刊行してきたが、現在は『WEBコミックトム』だけで、紙媒体の雑誌は刊行していない。また、これら各誌連載作をまとめた漫画単行本の基礎レーベル名は希望コミックスとなっている。

なお、1980年代まで一般書店ルートでの販売網は弱く、地域によっては創価学会の会館以外での購入は難しかった。このため、1975年昭和50年)に発行された横山光輝「三国志」単行本の「希望の友」広告には「予約注文制」「お手数でも書店に定期購読のお申し込みを」という漫画雑誌としては異例の文字が見られた。

出版物[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 潮文庫 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯

関連項目[編集]

他に創価学会と関係する出版社としては、以下がある。