潮田江次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

潮田 江次(うしおだ こうじ、1901年明治34年)6月9日 - 1969年昭和44年)5月9日)は日本の政治学者慶應義塾長、日本政治学会初代理事、第3代理事長を歴任。「政治概念論争」の口火をきったことで知られる。

経歴[編集]

1901年(明治34年)東京で生まれる。福澤諭吉の五女光を母とする。つまり、福澤の孫にあたる。

慶應義塾幼稚舎から普通部を経て、1922年大正11年)3月法学部政治学科第2学年を修了したのち、アメリカのコーネル大学に留学し、1923年(大正12年)7月帰国、1924年(大正13年)4月から法学部で教鞭をとった。

1925年(大正14年)7月から1929年(昭和4年)10月までは政治学研究のため、イギリスドイツに留学し、1930年(昭和5年)4月に助教授、1932年(昭和7年)4月には教授兼高等部教員となり、1946年(昭和21年)3月、大学法学部長に就任。ついで、1947年(昭和22年)1月には塾長(兼大学学長)にえらばれ、1956年(昭和31年)6月までの約10年間、2期半にわたってその任をつとめた。もっとも、その間1956年(昭和31年)1月に大学学長はこれを辞し、さらに、同年6月塾長辞任後は教授に復帰した。

他方、1947年(昭和22年)1月から1948年(昭和23年)8月までは慶應義塾獣医畜産専門学校(現慶應義塾志木高等学校)校長を兼任していた。

1956年(昭和31年)8月、学事顧問となる。1969年(昭和44年)5月9日死去、67歳没。

人物[編集]

潮田江次は友人の戸沢鉄彦(名古屋大学教授)と、G. D. H. Coleの政治的多元主義を巡って、頻繁に「政治概念論争」を引き起こしたことは有名である。

著書[編集]

  • 『政治の概念』(1944)
  • 『主権と民主政治』(1949)

など

関連項目[編集]