潮見町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
潮見町駅
しおみちょう
Shiomichō
渚滑 (3.0km)
(1.2km) 紋別
所在地 北海道紋別市真砂町2丁目
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 名寄本線
キロ程 91.9km(名寄起点)
電報略号 シチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1959年昭和34年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 名寄本線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1978年の潮見町駅と周囲約500m範囲。右下が紋別方面。紋別市街地内の駅。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

潮見町駅(しおみちょうえき)は、北海道網走支庁紋別市真砂町にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)名寄本線廃駅)である。電報略号シチ。名寄本線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の北西側(遠軽方面に向かって左手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[1]

無人駅となっており、駅舎及び待合所は存在しなかった。ホームは名寄方に90度の角度で設置された階段を有し[1]、駅施設外に連絡していた。簡易型の単式ホームであった。駅自体は完全無人駅であったが、近隣の商店に乗車券の販売を委託した簡易委託駅であった。

駅名の由来[編集]

当駅の所在地近辺の地名より[2]。所在する真砂町と駅名由来の潮見町は隣接しており、当駅及び駅前後の線路は2町のほぼ境界線に沿って通っていた[2]

潮見町の地名は、紋別市内で海が最もよく見えることから付けられた[3]

駅周辺[編集]

北海道紋別北高等学校などの通勤通学の最寄り駅として利用された。

  • 国道238号(オホーツク国道)[2]
  • 北海道紋別北高等学校 - 閉校。
  • 紋別市立潮見中学校
  • 紋別市立潮見小学校
  • モリタン本社兼工場
  • 落石団地[2]
  • ウェンヒラリ岬 - 駅から北に約1km[1]
  • 北紋バス

駅跡[編集]

2001年(平成13年)時点ではホームと線路は撤去され、駅跡地にはコンクリート製のホームに上る階段のみが残存していた[4]。当駅跡から遠軽方の線路跡も、旧潮見坂踏切まで砂利敷きの道床が残存していた[4]2011年(平成23年)時点でも同様で階段のみが残存し[5]、遠軽方の築堤上には「L」の記載や「15」の記載が残る勾配標が残存していた[5]。この築堤は道路として再利用されている模様であった[5]。駅跡は空き地として放置されたあと、並行市道の拡張用地として道路化された。その後、駅跡に残されていた階段も撤去された。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
名寄本線
渚滑駅 - 潮見町駅 - 紋別駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正小学館1983年7月、210頁。ISBN 978-4093951012。
  2. ^ a b c d 『北海道道路地図 改訂版』 地勢堂、1980年3月、35頁。
  3. ^ 太田幸夫 『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』 富士コンテム、2004年2月、187頁。ISBN 978-4893915498。
  4. ^ a b 『鉄道廃線跡を歩くVIII』 宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、35頁。ISBN 978-4533039072。
  5. ^ a b c 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社2011年9月、123頁。ISBN 978-4894536128。

関連項目[編集]