潮錦義秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
潮錦(1958年ごろ)

潮錦 義秋(しおにしき よしあき、本名:村上 義秋(むらかみ よしあき)、1924年9月25日 - 2005年6月24日)は、熊本県熊本市南区(現役当時は、同県下益城郡城南町)出身で、1950年代に活躍した大相撲力士である。現役時代は、時津風部屋(入門時は荒汐部屋)に所属した。最高位は西張出小結(1959年7月場所)。身長183cm、体重110kg。得意手は左四つ、上手投げ[1]

来歴・人物[編集]

16歳の時に荒汐部屋へ入門し、1941年1月場所に於いて初土俵を踏んだ[1]

三段目に在位中、荒汐部屋から双葉山道場(後の時津風部屋)に移籍。

途中で兵役で長く土俵を離れたこともあって出世が遅れ、十両昇進を果たしたのは、1948年10月場所。新入幕は1952年1月場所でのことで、この時、すでに27歳となっていた[1]

力が強く投げ捨てるような上手投げが持ち味であり、仁王のような風貌からも「仁王様」という渾名が付いた。だが、相撲ぶりはゆっくりで、廻しを掴まないと相撲にならなかった。そのため、「がっぷりからはじめれば強いのだが」と評され、中堅に甘んじていた[2]

また栃錦若乃花(ともに横綱)を苦手としており、この2人からは一度も白星を挙げられなかった。

それでも、幕内上位にあった1959年5月場所では、新横綱朝汐に土を付けるなどの活躍で9勝6敗と勝ち越して殊勲賞を受賞(なお、34歳7ヵ月での三賞初受賞は、2015年3月現在でも最年長記録である)。上述の朝汐戦では、右四つがっぷりから左上手投げを連発。こらえた朝汐が強引に寄って出るところを、さらに強烈な上手投げを放って転がし、金星を挙げた。翌7月場所、初土俵から凡そ18年かけて34歳9ヵ月で小結に初昇進。これは、年数では昭和以降に於いてもっともスローペースの新三役昇進であった[1][2]

しかし、同場所では3勝12敗と大負けし、三役はこの1場所しか務まらなかった。

1961年9月場所、十両に落ちて6日目から途中休場し、十両18枚目の地位で初日より休場した翌11月場所限りで引退。引退後は、年寄・式秀を襲名した[1]

1971年に13代立田川親方(元横綱・鏡里)が立田川部屋を創立した際には部屋付き親方として移籍したが、1986年には、移籍前に所属していた時津風部屋の部屋付き親方に戻った[3]

日本相撲協会では勝負審判を長く務め、停年まで協会に在籍した[1]

2005年6月24日、逝去。享年80。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:445勝475敗1分30休 勝率.484
  • 幕内成績:317勝371敗1分1休 勝率.461
  • 現役在位:72場所
  • 幕内在位:46場所[1]
  • 三役在位:1場所(小結1場所)
  • 三賞:1回
    • 殊勲賞:1回(1959年5月場所)
  • 金星:1個(朝汐から)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1951年9月場所)

場所別成績[編集]

潮錦 義秋
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1941年
(昭和16年)
(前相撲) x 西 序ノ口 #19
6–2 
x x x
1942年
(昭和17年)
西 序二段 #29
6–2 
x 西 三段目 #34
4–4 
x x x
1943年
(昭和18年)
西 三段目 #26
4–4 
x 東 三段目 #13
4–4 
x x x
1944年
(昭和19年)
西 三段目 #9
4–4 
x 西 三段目 #5
4–1 
x x 東 幕下 #25
4–1 
1945年
(昭和20年)
x x 西 幕下 #5
 
x x x
1946年
(昭和21年)
x x x x x 西 幕下 #4
3–4 
1947年
(昭和22年)
x x 東 幕下 #8
3–2 
x x 東 幕下 #2
3–3 
1948年
(昭和23年)
x x 西 幕下 #1
4–2 
x 西 十両 #10
6–5 
x
1949年
(昭和24年)
西 十両 #7
6–7 
x 東 十両 #9
8–7 
x 東 十両 #7
7–8 
x
1950年
(昭和25年)
西 十両 #8
8–7 
x 西 十両 #3
6–9 
x 西 十両 #7
5–10 
x
1951年
(昭和26年)
西 十両 #12
8–7 
x 西 十両 #10
11–4 
x 東 十両 #2
優勝
13–2
x
1952年
(昭和27年)
西 前頭 #15
7–7–1[注 1] 
x 東 前頭 #16
7–7
(1引分)
 
x 東 前頭 #15
8–7 
x
1953年
(昭和28年)
西 前頭 #11
6–9 
東 前頭 #13
11–4 
東 前頭 #8
7–8 
x 西 前頭 #8
11–4 
x
1954年
(昭和29年)
東 前頭 #2
1–14 
西 前頭 #10
7–8 
東 前頭 #11
9–6 
x 東 前頭 #6
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
西 前頭 #3
2–13 
東 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #10
8–7 
x 東 前頭 #7
6–9 
x
1956年
(昭和31年)
西 前頭 #10
6–9 
東 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #11
6–9 
x 東 前頭 #15
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
東 前頭 #14
6–9 
東 前頭 #17
8–7 
東 前頭 #14
8–7 
x 東 前頭 #13
9–6 
西 前頭 #8
9–6 
1958年
(昭和33年)
東 前頭 #3
2–13 
東 前頭 #12
8–7 
西 前頭 #11
7–8 
東 前頭 #12
10–5 
東 前頭 #6
6–9 
東 前頭 #9
9–6 
1959年
(昭和34年)
西 前頭 #5
6–9 
西 前頭 #7
9–6 
西 前頭 #4
9–6
西 張出小結
3–12 
東 前頭 #5
6–9 
西 前頭 #9
8–7 
1960年
(昭和35年)
東 前頭 #6
9–6 
西 前頭 #3
5–10 
東 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #7
7–8 
西 前頭 #5
8–7 
西 前頭 #3
2–13 
1961年
(昭和36年)
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #4
5–10 
東 前頭 #7
4–11 
西 前頭 #13
4–11 
東 十両 #4
1–5–9 
西 十両 #18
引退
0–0–15
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 左足関節捻挫により14日目から途中休場

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p24
  2. ^ a b ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p41
  3. ^ ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p36-39