澄一道亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澄一道亮
1608年 - 1691年
生地 浙江省杭州府銭塘県
宗派 禅宗
寺院 興福寺
逸然性融
弟子 悦峰道章

澄一道亮(ちんいどうりょう, 1608年万暦36年) - 1691年元禄4年))は、初に来日した中国僧。浙江省杭州府銭塘県の生まれ。

生涯[編集]

若い時に出家した。

1653年承応2年)6月に来日し、長崎興福寺に入寺し、逸然性融に従った。澄一は、医術に通じており、そのもとからは、石原鼎庵、上野玄貞、今井弘済らが出ている。

1656年明暦2年)、逸然の隠退にともなって、興福寺の住持の座を継承した。

1663年寛文3年)、長崎市中の大火が類焼し、堂塔伽藍の大半を焼失するも、1667年(寛文7年)には、大雄宝殿を再建している。

1686年貞享3年)、悦峰道章に住持を譲り、塔頭の永福庵に隠退した。

1691年4月に没した。享年84。