澄風なぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

澄風 なぎ(すみかぜ なぎ、4月22日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。

東京都北区[1]日本女子大学附属高校出身[1]。身長167cm[1]。愛称は「たっく」、「たくさん」[1]

来歴[編集]

2011年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、美園さくら(月組次期トップ娘役)、小桜ほのか彩みちる野々花ひまり亜蓮冬馬遥斗勇帆らがいる。

2013年4月、宝塚歌劇団第99期生として入団。入団時の成績は7番。雪組公演『ベルサイユのばら -フェルゼン編-』で初舞台。

2014年2月、組廻りを経て宙組に配属。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

組廻り[編集]

宙組配属後[編集]

  • 2014年5月 - 7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』新人公演:ロセロワ(本役:美月悠
  • 2014年8月 - 9月、『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』(全国ツアー)農民男
  • 2014年11月 - 2015年2月、『白夜の誓い-グスタフIII世、誇り高き王の戦い-/PHOENIX 宝塚!!-蘇る愛-』新人公演:エリクソン(本役:留美絢)/オロフ(本役:留依蒔世
  • 2015年3月 - 4月、『TOP HAT』(梅田芸術劇場メインホール、赤坂ACTシアター)ダグラス(一幕)
  • 2015年6月 - 8月、『王家に捧ぐ歌』新人公演:メウ(神官)(本役:瑠風輝
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(バウホール)ロバート(下僕)
  • 2016年1月 - 3月、『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!!』新人公演: ジョン・ヘミング(宮内大臣一座の俳優)(本役:和希そら
  • 2016年5月、『ヴァンパイア・サクセション』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)
  • 2016年6月、『Bow Singing Workshop~宙~』(バウホール) 
  • 2016年7月 - 10月、『エリザベート-愛と死の輪舞-』黒天使、新人公演:ケンペン(本役:星月梨旺
  • 2016年11月 - 12月、『双頭の鷲』(バウホール・神奈川芸術劇場)パパラッチ男G
  • 2017年2月 - 4月、『王妃の館-Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』新人公演:アコーディオン弾き(本役:星吹彩翔
  • 2017年6月、『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』(バウホール) 街の男/兵
  • 2017年8月 - 11月、『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜/クラシカル ビジュー』新人公演: リナト【活動家】 (本役:朝日奈蒼
  • 2018年1月、『不滅の棘』(シアタードラマシティ・日本青年館) 刺客[1幕]/市民[2幕]
  • 2018年3月 - 6月、『天は赤い河のほとりシトラスの風-Sunrise-』新人公演:タロス(本役:風馬翔
  • 2018年8月、『ハッスル メイツ!』(バウホール)
  • 2018年10月 - 12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』新人公演: ヴェロッキオ (本役:松風輝)/枢機卿(本役:星吹彩翔)
  • 2019年1月〜2月、『パパ・アイ・ラブ・ユー』(バウホール)ビル
  • 2019年5月〜7月、『オーシャンズ11』新人公演:リカルド(本役:松風輝

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、145頁。ISBN 978-4-86649-049-6。