澎湖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澎湖海戦
1683年
場所台湾澎湖
結果 清の決定的勝利
への鄭氏政権の降伏
衝突した勢力
清の旗 鄭氏政権
指揮官
清の旗 施琅 劉国軒
戦力
600隻以上の船と6万名の兵力 200隻以上の船と2万名の兵力
被害者数
兵士5000人 兵士12000名(水兵1万と艦船2000隻、数値は恐らく誇張されたものである。)

澎湖海戦台湾に拠点を置く鄭氏政権中国満州率いるの間で1683年に行われた海戦である。清の将軍施琅は、澎湖の鄭氏軍を攻撃する艦船を率いた。両軍はそれぞれ200隻以上の軍艦を所有していた。鄭氏側の将軍劉国軒は、3倍数で勝る施琅より数で劣っていた。自身の旗艦が攻撃手段を失い台湾に逃げると、劉は降伏した。澎湖の敗戦は、鄭氏政権の最後の王鄭克塽が清の皇帝に降伏して決まった。

前史[編集]

1683年までに清の康熙帝は、鄭氏との交渉を全て停止していた。鄭氏を侵攻する兵士約1万人と軍艦600隻と共に施琅将軍を送った。施琅は大きな台風が襲来する前に澎湖を攻撃しようとしたが、劉国軒により撃退された。台風が過ぎると、施琅は軍を再建し、再度攻撃する準備を進めた。

戦闘[編集]

施琅は自軍を数個の小艦隊に分けた。殆どは劉と澎湖防衛艦の攻撃に向けられた。しかし小分遣隊が戦闘の周辺に派遣され劉の基地がある島に直接上陸する為に送られた。劉はこのことの準備をしており、清の優位を止める軍に先立ち弓部隊と大砲を配置した。

戦闘の数日前に施琅はオランダから大砲を購入しており、その為に艦船の武装は向上していた。戦闘で清軍は劉軍に突入し戦闘隊形を崩した。防衛軍は依然勇敢に戦った。清軍の方が大きく武器が勝っていて武器が多く、1時間で鄭氏側の艦船の殆どが海の底に沈んだ。しかし残りの艦船は、戦闘を続けた。

終わりに鄭氏側の艦船は武器を失ったが、白兵戦は依然として続いた。旗艦と劉司令官が武器を失うと、残りの艦船は降伏し、一部は3昼夜に亘って燃えた。多くの将軍や兵士が降伏を拒否したが、逆に嘗てのに対する忠誠を示すものとして溺死する道を選んだ。

陸戦[編集]

海戦が激しく続いたので、清の約6万の兵士は、大砲の援護を受けて上陸しようと殺到した。防衛隊は清軍の上陸を止めようと大砲と弓を用いたが、一言で言ってその数は多過ぎた。数人の優秀な将軍に率いられて劉の防衛線を突破し基地を攻撃した。勝利した清軍は、焼き払い、最も高い位置にあった旗竿に清の旗を掲げた。

余波[編集]

降伏すると、劉は自殺を図ったが、施琅に止められた。二人は戦闘について簡単に話し合い、劉は釈放された。劉軍の崩壊と共に澎湖は降伏し、鄭氏側の兵士は、大量脱走をした。そのことは今は守り手のいなくなった台湾の宮廷に明らかとなった。数日後、鄭克塽と宮廷は、正式に清の皇帝に降伏し、鄭氏政権は終焉した。

座標: 北緯23度23分24秒 東経119度31分48秒 / 北緯23.3900度 東経119.5300度 / 23.3900; 119.5300