澤岻直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澤岻 直人
Naoto Takushi
Takushi naoto.jpg
ポジション ポイントガード
身長 181cm (5 ft 11 in)
体重 82kg (181 lb)
血液型 AB[1]
基本情報
愛称 "ナオト"
ラテン文字 Naoto Takushi
誕生日 (1981-10-13) 1981年10月13日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 沖縄県沖縄市
ドラフト 2007年 1位 
選手経歴
2004-2006
2007-2009
2009-2010
2010-2011
2011-2012
2013
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2017-
アイシンシーホース
琉球ゴールデンキングス
京都ハンナリーズ
新潟アルビレックスBB
大分ヒートデビルズ
岩手ビッグブルズ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルズ
島根スサノオマジック
バンビシャス奈良

澤岻 直人たくし なおと1981年10月13日 - )は、沖縄県出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはポイントガード

2004年、アイシンシーホースに入団し、その年のオールジャパン優勝に貢献した。またbjリーグの琉球ゴールデンキングスでも2008-09シーズンの優勝に貢献。2007-08シーズンと2008-09シーズンの2度、ベストファイブにも選ばれている。

プロバスケットボール選手であった澤岻安史は実兄。

現在はバンビシャス奈良に所属している。

来歴[編集]

沖縄県沖縄市に生まれる。小学校では水泳をしていて、背泳ぎで九州大会で優勝経験がある。沖縄市立コザ中学校入学と同時にバスケットボールを始め、全国大会ベスト8、ジュニアオールスター3位になる。北中城高校3年次にはインターハイベスト16、ウィンターカップベスト8となる。法政大学進学後も1年次から板倉令奈と共に主力として活躍し関東リーグ1部昇格に貢献。2・3年と2年連続で3P王、得点王の2冠を獲得。4年次にはインカレ4位となりベスト5・アシストランキング1位・MIP賞を獲得した。

卒業後の2004年アイシンシーホースに入団。1年目よりオールジャパン優勝に貢献。2006年に日本初の合同トライアウト「トライアウトジャパン2006」のテストに合格。CBAのベテランズキャンプ出場の権利を得たが辞退し、サマーリーグに参加。

2007年bjリーグに地元より琉球ゴールデンキングスが参加するに当たりトライアウトを受験。そして全体1位指名となるドラフト1巡目指名を受け入団。背番号は本人の希望により一般公募で1に決定された。2007年12月度にはサークルKサンクス月間MVPを日本人として初めて獲得した。

2009年6月15日、2009-2010シーズンより参戦する京都ハンナリーズに対するエクスパンションドラフトで京都より指名され、8月16日契約に合意し、正式に京都へ移籍した。

2010-2011シーズンより新潟アルビレックスBBに移籍。2011年大分ヒートデビルズに移籍。しかし2012年12月に大分の運営会社の経営が行き詰まり、澤岻含め選手全員の契約が解除される[2]。大部分の選手はヒートデビルズの経営を引き継いだ一般社団法人と契約を結ぶ中、澤岻はストレスから体調を崩して休養を余儀無くされ[3]、契約を結ばず[4]、一時試合から遠ざかった。その後、2013年2月に大分と契約した上で、岩手ビッグブルズにトレードされた[5][6]。岩手では3月30日の試合より先発出場を続け、チームを率いる桶谷大からも高く評価された[3]。結局このシーズンの岩手はプレーオフファーストラウンドで敗れ、澤岻と岩手との契約もこのシーズン限りとなった。

2013-14シーズンは大阪エヴェッサと契約し、1シーズン在籍。2014年11月7日、大分ヒートデビルズと選手契約締結[7]

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2007-08 琉球
bjリーグ 2008-09 琉球
bjリーグ 2009-10 京都
bjリーグ 2010-11 新潟
bjリーグ 2011-12 大分
bjリーグ 2012-13 大分 16 6.8
bjリーグ 2012-13 岩手 22 20.6 .416 .345 .750 1.9 2.1 0.9 0.0 1.2 4.2
bjリーグ 2013-14 大阪 42 17.7 .440 .386 .588 1.3 1.6 0.7 0.0 1.3 4.7
bjリーグ 2014-15 大分 38 23.7 .402 .368 .708 2.5 3.4 0.9 0.1 1.8 6.9
bjリーグ 2015-16 島根

脚注[編集]

  1. ^ 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2012-2013』 日本プロバスケットボールリーグ、2012年10月6日、88頁。
  2. ^ “株式会社大分ヒートのbjリーグ退会について(お詫び)” (プレスリリース), 大分ヒートデビルズ, (2012年12月5日), http://www.heatdevils.com/news/news.cgi?n=155 2013年2月8日閲覧。 
  3. ^ a b 今井恵太 (2013年5月3日). “明日からバスケbjリーグプレイオフ隣県対決 岩手BB VS. 秋田NH”. 日刊スポーツ 東北版 
  4. ^ “大分ヒートデビルズ ヘッドコーチ・選手について(契約合意)” (プレスリリース), 大分ヒートデビルズ, (2012年12月6日), http://www.heatdevils.com/news/news.cgi?n=157 2013年2月8日閲覧。 
  5. ^ “【チーム情報】新入団選手のお知らせ” (プレスリリース), 岩手ビッグブルズ, (2013年2月8日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bigbulls/article/380 2013年2月8日閲覧。 
  6. ^ “澤岻直人選手との選手契約締結・トレード成立のお知らせ” (プレスリリース), 大分ヒートデビルズ, (2013年2月8日), http://www.heatdevils.com/news/news.cgi?n=157 2013年2月8日閲覧。 
  7. ^ “2014-15シーズン 選手契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 大分ヒートデビルズ, (2014年11月7日), http://www.heatdevils.com/news/news.cgi?n=755 2014年11月7日閲覧。