澤木啓祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

澤木 啓祐(さわき けいすけ、1943年12月8日 - )は、陸上競技の元選手でマラソン・中長距離選手の指導者。順天堂大学スポーツ健康科学部学部長、日本陸上競技連盟副会長。 大阪府吹田市出身。

来歴[編集]

代表選考の責任者[編集]

日本陸連では近年選手強化本部長となり、代表選考の責任者を務める。そのためか、代表選考が絡むテレビのマラソン中継では全てにおいてゴール解説者として、選考の重要な資料となるレース展開を見続けている。

澤木は一般解説者として普通に総括コメントを求められるが、立場上その発言は他の解説者よりも重く、結果的に後々代表選考にも大きな影響を与えている。なおこれは澤木に限ったことではなく、1990年代以降当たり前のように行われていることである。

マラソン全成績[編集]

  • 1,2時間16分06秒  8位 66別府大分
  • 2,2時間21分07秒  18位 67別府大分
  • 3,2時間43分09秒  87位 68別府大分
  • 4,2時間30分45秒  53位 69別府大分

順天堂大学時代 箱根駅伝区間成績[編集]

  • 第39回(1963年) 2区 1時間19分39秒(区間3位)
  • 第40回(1964年) 2区 1時間22分11秒(区間15位)
  • 第41回(1965年) 2区 1時間18分09秒(区間6位)
  • 第42回(1966年) 2区 1時間12分02秒(区間1位)(区間新記録 1分50秒短縮)

ユニバーシアード大会主な成績[編集]

  • 第4回大会(1965年 ブダペスト) 5000m 優勝 13分45秒2(日本新記録)
  • 第5回大会(1967年 東京) 5000m 優勝(2連覇)14分03秒8  10000m 優勝 29分00秒0

著作[編集]

  • 『ランニングで強くなる本 オリンピックランナーが明かす正しいランニング』(澤木啓祐(著)、日本文芸社、1980/7)
  • 『マラソン・トレーニング』(澤木啓祐・山地啓司・山西哲郎(共著)、ベースボールマガジン社、1989/9、ISBN 978-4583027944)
  • 『マラソン (最新陸上競技入門シリーズ ; 3)』(澤木啓祐・高岡郁夫(共著)、帖佐寛章・佐々木秀幸(監修)、ベースボールマガジン社、1993/4、ISBN 978-4583030401)
  • 『コーチングマニュアル』(全米陸上競技連盟(著)、Joseph L. Rogers(編集)、沢村博(翻訳)、澤木啓祐(翻訳)、尾縣貢(翻訳)、青山清英(翻訳)、陸上競技社、2004/3、ISBN 978-4882932505)
  • 『順天堂メソッド 勝つための陸上競技』(順天堂大学陸上競技研究室(著)、澤木啓祐(監修)、ベースボールマガジン社、2009/4、ISBN 978-4583101385)
  • 『陸上競技ビデオ全集 VOL.3「長距離・マラソン」』(澤木啓祐(監修)、ソーケン・ネットワーク、DVD)
  • 『Super陸上 VOL.4「長距離走」』(澤木啓祐(監修)、ソーケン・ネットワーク、DVD)

関連書籍[編集]

  • 『監督と大学駅伝』(生島淳(著)、日刊スポーツ出版社、2008/12、第7章で「澤木啓祐部長 箱根駅伝は私の研究領域の集大成」を掲載、ISBN 978-4817202604)

関連項目[編集]