澤田瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

澤田 瑞穂(さわだ みずほ、1912年5月23日 - 2002年1月28日[1][2])は、中国文学者。

高知県幡多郡大方町(現・黒潮町)生まれ。1934年國學院大學高等師範部卒。1977年「宝巻の研究」で早大文学博士跡見学園女子大学助教授、天理大学教授、早稲田大学文学部教授、1982年定年退任。中国の怪異研究の第一人者[3]。娘婿は清末小説研究家の樽本照雄大阪経済大学名誉教授)。中国滞在時に収集した中国民間信仰、風俗に関する書物らが「風陵文庫」として早稲田大学図書館に収蔵されている。 

著書[編集]

  • 『中国の文学』学徒援護会 1948
  • 『宝巻の研究 総説・提要』采華書林 1963、国書刊行会 1975
  • 『地獄変 中国の冥界説』法蔵館 アジアの宗教文化 1968、平河出版社 1991
  • 『仏教と中国文学』国書刊行会 1975
  • 『鬼趣談義 中国幽鬼の世界』国書刊行会 1976、平河出版社 1990、中公文庫 1998
  • 『中国動物譚』弘文堂選書 1978
  • 『宋明清小説叢考』研文出版 1982
  • 『中国の民間信仰』工作舎 1982
  • 『金牛の鎖 中国財宝譚』平凡社選書 1983
  • 『中国の呪法』平河出版社 1984
  • 『芭蕉扇 中国歳時風物記』平河出版社 1984
  • 『笑林閑話』東方書店 1985
  • 『間花零拾 中国詩詞随筆』研文出版 1986
  • 『中国の英傑 7 則天武后 女傑と悪女に生きて』集英社 1986
  • 『中国の庶民文芸 歌謡・説唱・演劇』東方書店 1986
  • 『中国の伝承と説話』研文出版 1988
  • 『中国史談集』早稲田大学出版部 2000、ちくま学芸文庫 2017
共編著
  • 『中国の古典名著 総解説』 自由国民社 1977、改訂版1998ほか。
  • 『世界の聖域 別巻 1 中国の泰山窪徳忠共著 講談社 1982

翻訳[編集]

  • 『燕趙夜話 採訪華北伝説集』編 采華書林 1965
  • 中国古典文学大系 8 抱朴子 ほか』平凡社 1969、復刊1994。普及版:中国の古典シリーズ
  • 『中国の昔話』三弥井書店 世界民間文芸叢書 1975

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「追悼文 手で讀む人--追想 澤田瑞穗先生」稻畑耕一郎『東方宗教』2002.11
  2. ^ 中国文芸家REQUIEM 2002年6月-2003年5月(日本中国当代文学研究会)
  3. ^ 『現代日本人名録』1987年