激安バラエティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
激安バラエティー
〜1円でも安く30連発〜
ジャンル 生活情報バラエティ番組
放送時間 水曜日 19:55 - 20:54(59分)
放送期間 2009年6月10日 - 2009年9月2日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 森三中
黒沢かずこ村上知子大島美幸
土田晃之 ほか
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

激安バラエティー』(げきやすバラエティ)は、2009年6月10日から2009年9月2日までTBSと一部系列局で、毎週水曜19:55(JST)から放送されていた、原則ローカルセールス枠バラエティである。ハイビジョン制作

正式タイトルは『激安バラエティー〜1円でも安く30連発〜』で愛称は『激バラ』である。

概要[編集]

前番組『水曜ノンフィクション 関口宏モトをたどれば』が2009年6月3日をもって終了し(次週予告しながらの番組打ち切りであった)、急遽つなぎ番組として本番組がスタートすることが同年6月5日に発表された。

本番組は激安グルメ・激安ファッション・激安旅行など激安ものを取り上げるバラエティ番組であり、総合司会に『サカスさん』の月曜パーソナリティーである森三中が起用された。

第1回放送のロケの収録は、前番組打ち切りが決まった直後(放送日の3日前)に行われている。明らかにつなぎ番組と思わせる企画と、別番組で使われた上から白の布地に手書きで書いた法被、激安の紙兜(直江兼続の愛の兜のパロディー)という急ごしらえで用意した衣装で行われるロケに、出演者の表情には動揺する様子が随所で見られた。

放送スタジオは、『キミハ・ブレイク』と同じセットを使用している。放送形態は原則的に生放送であるが、森三中のスケジュールの関係で撮って出し放送の日もあった。

前番組と同じくローカルセールス枠であるため、大半の系列局では別番組を放送していた(後述)。

初回放送で、視聴率3.2%と深夜番組並の数字(黒沢談[1])を出してしまった。これにより、有名占い師銀座の母のレギュラー出演や海外衝撃映像の放送、後番組『となりの芝生』の番宣など、激安紹介要素は薄れている。平均視聴率は5%前後と、依然としてゴールデンタイムとしては低迷していた(視聴率は関東地区ビデオリサーチ調べ)。

当初の予定どおり同年9月2日をもって当番組は終了した。

放送時間[編集]

出演者[編集]

総合司会[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

  • 横田淑恵(「銀座の母」名義で出演)
  • 板東英二(隔週、「激安の神」役で出演)

ネット局[編集]

以上12局ネット、それ以外の局はローカル番組を放送(ただし、これらの局でも個別にローカル編成を行う場合がある。特にHBCとTBCはプロ野球中継のため休止する回が多い)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水曜JUNK雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』2009年6月17日放送分で発言
  2. ^ 第5回はテレビ朝日の番組収録のため欠席し、ビビる大木が代役を務めた。
  3. ^ 第1回は『Hana*テレビスペシャルYOSAKOIソーラン大群舞2009」』放送のため第2回よりスタート。
  4. ^ 3回目の放送日は自社制作、『ガーデン倶楽部』を放送したため休止。
  5. ^ 第1回は『THE NEWS TBCスペシャル』放送のため第2回よりスタート。
  6. ^ 第1回は『ニッポンど真ん中!スピードワゴンが行く あなたに逢いた〜い!城下町金沢」』放送のため第2回よりスタート。最終回も自主制作番組の放送のため未放送。
  7. ^ 月1回『ときめきバザール』を放送
TBS 水曜19:50- 19:55枠
前番組 番組名 次番組
ナビっち
もうすぐ激安バラエティー
(2009年7月1日 - 9月2日)
もうすぐ時短生活ガイドSHOW
TBS 水曜20時台
激安バラエティー
〜1円でも安く30連発〜
(2009年6月10日 - 9月2日)
時短生活ガイドSHOW
(2009年10月21日 - 2010年8月25日)