濁川温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg 濁川温泉
Nigorikawa Onsen Hoyou Center.JPG
濁川温泉保養センター
温泉情報
所在地 北海道茅部郡森町濁川
交通 JR北海道函館本線森駅より車で約20分など(下述参照)
泉質 硫黄泉、硼酸泉、塩化物泉
泉温(摂氏 40 - 80 ℃
宿泊施設数 5
外部リンク 濁川温泉郷
テンプレートを表示

濁川温泉(にごりかわおんせん)は、北海道茅部郡森町にある温泉

泉質[編集]

など。源泉温度40 - 80℃

温泉街[編集]

田園風景広がる濁川カルデラ内に温泉が点在している。旅館は7軒存在する(日帰り入浴可能)。日帰り入浴専用施設は2軒存在する。

期間によるが、地元の農作物販売直売店などもある。

地熱が高い地域であることから、温泉地には北海道電力地熱発電所である森発電所が存在する。また、個人所有の温泉が多く存在するのも特徴である。

沿革/付近建造物[編集]

古くから湯治場として利用されてきた所である。

寛政10年(1798年)
薬師如来像が奉納された(現在もあるもよう)。
文化4年(1807年)
当時の村役人であった、加賀屋半左衛門が道を開いた。そして、新たに湯治場を整備開設。仙台からも湯治客が訪れたこともあり、更に浜(漁業)が豊漁のたびに地元客で大変にぎわった。
明治時代
「元湯」と称する。更に「神泉館」と命名される。この「元湯神泉館」前には、1963年(昭和38年)に設置された「濁川温泉発祥の地」の記念碑がある。

アクセス[編集]

関連項目[編集]