濱健夫 (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

濱 健夫(はま たけお、1901年11月26日 - 1984年4月13日)は、日本植物学者、細菌学者。専門は海洋や温泉に含まれる硫黄細菌の研究。

経歴[編集]

長野県諏訪市出身。東京高等師範学校附属小学校、旧制甲府中学旧制第一高を経て、1925年東京帝国大学理学部植物学科を卒業し、広島高等師範学校教授。1943年日本大学教授、理学博士号取得、勲四等瑞宝章受章。1949年明治学院大学教授。

1916年、日本基督教会山梨教会で金井為一郎から洗礼を受けた。聖書中に出てくる植物に関する研究考察や、キリスト教信仰と自然科学との関係を論じた論文も多い。

著書[編集]

  • 植物形態学講和
  • 中等植物学
  • 植物形態学

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1984〜1986』日外アソシエーツ