濱田美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
濱田 美穂 Table tennis pictogram.svg
基本情報よみがな はまだ みほラテン語表記 Miho Hamada生年月日 1947年国籍 日本の旗 日本出身地 高知県選手情報戦型 カット主戦型経歴学歴 中央大学文学部国内戦歴
 
獲得メダル
世界卓球選手権
1969 ミュンヘン 女子シングルス
1971 名古屋 女子ダブルス
1973 サラエボ 女子ダブルス
アジア卓球選手権
1970 名古屋 女子団体
1970 名古屋 女子シングルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

濱田 美穂(はまだ みほ 1947年 - )は高知県出身の卓球選手。戦型はカット主戦型[1]。世界卓球選手権の女子シングルスで小和田敏子と共に最後にメダルを取った日本人選手である[2]。 その後第54回世界卓球選手権個人戦平野美宇が48年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した[3]。現在高知工科大学教授。

中央大学文学部に進学、1966年の関東学生新人卓球選手権大会では女子シングルス、ダブルスで優勝した[4]。1969年、世界選手権ミュンヘン大会女子シングルスで3位に入った[5]。1970年大学を卒業、タマスに入社、1971年の世界選手権名古屋大会女子ダブルスで3位[5]、同年の全日本卓球選手権の女子ダブルスでは大関行江とのペアで優勝した。1973年の世界選手権サラエボ大会女子ダブルスで優勝した[5]。タマスには1975年まで在籍した[5]。その後高知に戻り結婚[6]、1978年より土佐女子高等学校で指導者を始める[7]

卓球指導者としても1991年の世界選手権千葉大会女子コーチや1992年のバルセロナオリンピック強化スタッフなどを務めた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第1ゲーム、4-2から促進?! 土佐の「はちきん」カット対決”. 卓球王国 (2009年1月16日). 2012年4月22日閲覧。
  2. ^ 佳純が単で40年ぶりメダル王手/世界卓球”. 日刊スポーツ (2009年5月3日). 2012年4月22日閲覧。
  3. ^ 美宇、女子単48年ぶりメダル!五輪銅メダリストをストレートスポーツニッポン
  4. ^ 関東学生新人卓球選手権大会・優勝者一覧表”. 2012年4月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e Profile (PDF)”. 高知工科大学. 2012年4月22日閲覧。
  6. ^ 濱田美穂. “渡辺馨さんを悼んで (PDF)”. 2012年4月22日閲覧。
  7. ^ 濱田美穂. “文武両道を目指して”. 土佐女子中学校・高等学校. 2012年4月22日閲覧。