濱野礼奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
濱野 礼奈
Rena Hamano
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-07-19) 1976年7月19日(43歳)
出身地 日本の旗 埼玉県越谷市
ラテン文字 Rena Hamano
身長 180cm
体重 68kg
血液型 B型
選手情報
愛称 レナ
ポジション センター/ライト
指高 232cm
利き手
スパイク 305cm
ブロック 300cm
テンプレートを表示

濱野 礼奈(はまの れな、女性、1976年7月19日 -)は日本の元バレーボール選手、現指導者。現役当時はVリーグデンソー・エアリービーズに所属し、現在は新潟医療福祉大学講師、同学女子バレーボール部監督[1]

来歴[編集]

父は住友軽金属男子排球団の中心選手として活躍した濱野光之(後に順天堂大学男子バレーボール部監督)、母は元カネボウの苗代裕子というバレーボール一家に生まれた[2]。母の実家(熊本県水俣市)で誕生し、埼玉県越谷市で育つ。人呼んで「バレーの申し子」[2]。小学時代は硬式テニスに打ち込んだが、中学1年次にバレーボールに転向し、1991年に出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会で埼玉県チームの一員として3位入賞を果たすと、一躍脚光を浴びた[2]

高校は國學院大學栃木高等学校に進学すると、1993年の春高準優勝やインターハイ優勝、国体優勝などに大きく貢献し、國學院栃木の一時代を築いた。一方、国際大会でも同年に開催された世界ユース選手権で銀メダル獲得に貢献した。大学は東京学芸大学に進学し[3]、1997年の全日本インカレでは優勝に貢献し、自らもスパイク賞を獲得した。同年に開催されたユニバーシアードシチリア大会でも銅メダルを獲得している。1999年にデンソー・エアリービーズに入団し、同年5月の黒鷲旗全日本選手権では若鷲賞を獲得するなど[4]、中心選手として活躍したが2003-04シーズンをもって現役を引退した。

2004年4月に順天堂大学大学院修士課程に進学し、同学非常勤講師、同学男子バレーボール部コーチ、千葉県公立学校教員を務めた後、2012年4月に新潟医療福祉大学の講師兼女子バレーボール部監督に就任した[1][5]

球歴[編集]

  • 全日本ユース代表 - 1993年 銀メダル
  • 全日本ユニバーシアード代表 - 1997年 銅メダル、1999年 4位

所属チーム履歴[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 新潟医療福祉大学. “教員紹介 - 濱野礼奈”. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c 『月刊バレーボール』1994年2月号 149ページ
  3. ^ 『月刊バレーボール』1995年2月号 152ページ
  4. ^ 『月刊バレーボール』 1999年5月号 160ページ
  5. ^ 新潟医療福祉大学健康スポーツ学科 公式ブログ. “新任紹介シリーズその2!”. 2014年9月7日閲覧。

参考[編集]

  • 『月刊バレーボール』2000年2月号臨時増刊 第6回Vリーグ観戦ガイドブック 78ページ