濱 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

」(はま)は、俳誌。1946年1月、横浜石楠会会報「八尋」を前身として大野林火が創刊・主宰。師系・臼田亞浪。「濱といふ語感の持つあかるさ、おほらかさ、きよらかさをそのまま作品に具現したいと念じている」を創刊の辞として掲げた。写生を基本としつつ、「私」に発する叙情を持つ俳句を推進。誌面は作品重点主義が特徴で、1982年8月に林火が没してのちは松崎鉄之介が主宰を継承、誌面の特徴も維持した。2013年8月号(通巻812号)をもって終刊。

主要同人・会員[編集]

括弧内は各自の主宰誌・または代表を務める俳誌を示す。退会者なども含む。

参考文献[編集]

  • 大串章 「濱」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年、456-457頁
  • 阿部誠文 「浜」 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年、146頁