中国鉄路瀋陽局集団公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国鉄路瀋陽局集団公司
各種表記
繁体字 瀋陽鐵路局
簡体字 沈阳铁路局(沈局)
拼音 Tiĕlùjú​
英文 Shenyang Railway Bureau
テンプレートを表示

瀋陽鉄路局(しんようてつろきょく)は中国鉄路総公司の管轄下の18ある鉄路局のうちの1つである。略称は瀋局。

瀋陽鉄路局の管理する線路の総括的な延長の長さは約17173km、営業キロは、8809.2km。

瀋陽鉄路局には長白山号が配備されている。

戦前、南満州鉄道の路線であった路線を多く抱え、鉄道設備も多くを引き継いで使用している。

機務段[編集]

廃止機務段[編集]

  • 瀋陽西機務段(西段)
  • 山海関機務段(山段)
  • 丹東機務段(丹段)[1]

以上、瀋陽へ統合

  • 大連機務段(連段)
  • 瓦房店機務段(瓦段)
  • 霊山機務段(霊段)
  • 本渓機務段(溪段)

以上、蘇家屯へ統合

  • 長春機務段(長段)
  • 新站機務段(站段)
  • 渾江機務段(渾段)
  • 梅河口機務段(梅段)
  • 通化機務段(通段)
  • 図們機務段(図段)

以上、吉林へ統合

  • 阜新機務段(阜段)
  • 葉柏寿機務段(葉段)
  • 大虎山機務段(虎段)
  • 泉陽機務段(泉段)

以上、錦州へ統合

  • 赤峰機務段(赤段)
  • 彰武機務段(彰段)
  • 白城機務段(白段)
  • 鄭家屯機務段(屯段)
  • 大安北機務段(安段)

以上、通遼へ統合

脚注[編集]

  1. ^ 最初は瀋陽西へ統合されたが、その後蘇家屯へ統合、最終的に瀋陽に統合された。